2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

アメリカでトランスジェンダーが差別主義者にバージニア州議会選挙に勝利

全く日本ではニュースになっていませんでしたが、アメリカバージニア州議会選挙にて快挙があったようです。4半世紀もの間勝ち続けてきたマーシャル氏に大して、トランスジェンダーのローム氏が勝利を納めました。



【11月8日 AFP】米バージニア(Virginia)州議会選で7日、トランスジェンダー(性別越境者)であることを公表して民主党から出馬していた女性が勝利した。こうしたケースは米史上初とみられている。

 音楽家で元ジャーナリストでもあるダニカ・ローム(Danica Roem)氏(33)と共和党のロバート・マーシャル(Robert Marshall)氏の選挙戦は全米の注目を集めていた。マーシャル氏は四半世紀にわたってバージニア州議会議員を務め、同州の「ホモフォビア(同性愛嫌悪)の代表」と自称したこともある。開票率95%の時点でローム氏の得票率は55%、マーシャル氏は45%だった。

 性的少数者(LGBTQ)であることを公表している人の政界進出を支援している全国組織「ゲイ&レズビアン・ビクトリー基金(Gay & Lesbian Victory Fund)」は、トランスジェンダーであることを公表した人が州議会選で当選したのはローム氏が米史上初だとしている。

 同団体のアイシャ・ムーディーミルズ(Aisha Moodie-Mills)代表は声明で、「有権者が今夜、反LGBTQをあおって対立をもたらすデマゴーグ(扇動家)ではなく問題解決志向型の賢明なトランスジェンダーを選ぶ判断をしたことは、反トランスジェンダーの立場を取る国内各地の議員に対する強力なメッセージとなる」と述べた。

 ローム氏の勝利を支えたのは、同団体をはじめとするLGBT支援団体や有権者らによる精力的な資金集めだ。このような活動が、同氏の選挙戦に注目を集めようという草の根の運動を後押しした。

 一方、同性婚に断固として反対する立場を取っている70代のマーシャル氏は選挙期間中、ローム氏との討論に応じず、ローム氏を「彼女」と呼ぶことも拒否していた。(c)AFP

via: トランスジェンダーの女性が州議会選で勝利、米史上初か バージニア州 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

img 541f5db0fbd1c1d168e35399fe8e64eb193730 アメリカでトランスジェンダーが差別主義者にバージニア州議会選挙に勝利

 

トランスジェンダーとは

トランプ大統領が生まれるアメリカであり、同時に州議会選挙にトランスジェンダーが勝つというのがアメリカです。アメリカ史上初めてのトランスジェンダーの当選ということで、界隈は大きく賑わっているようです。

 

ところでトランスジェンダーとはどのような人達でしょうか。LGBTという言葉は聞いたことがある人も少なくないでしょう。Lはレズビアン、Gはゲイ、Bはバイセクシャル。そしてTがこのトランスジェンダーです。

 

トランスジェンダーとは、性的マイノリティの中でも性自認が肉体の性別と異なる人達のことを指します。体は男性だけど心は女性、といったタイプです。これは性自認が男性で体も男性で、性的対象も男性のゲイとは異なるパターンなのです。

 

もう少し噛み砕くと、ゲイは女性になりたいと思っていませんが、男性のトランスジェンダーは女性になりたいと思う(あるいは男性の肉体であることが苦痛である)人のことを指します。今回勝ったロームさんも、生まれた時には男性だったようですがいまでは女性として生活していたようです。

 

大事なのは対話の姿勢?

今回アメリカ史上初めてトランスジェンダーの方が選挙で勝利したとのことですが、むしろ今までいなかったのだと少し驚きました。他のLGBの方々であればもう半ば当たり前のようになっていますが、トランスジェンダーの場合は選挙が厳しかったのでしょうか。なんであれば私個人としては素晴らしいことだと思います。

 

また今回の戦う相手が思い切り差別主義者だというのもコントラストが効いてよかったのではないでしょうか。ホモフォビアを自称し、そういうセクシャルマイノリティ系のあらゆることが大嫌いな人のようなので、選挙の時には凄かったことでしょう。

 

なんといっても討論なども一切しなかったと言いますから。口も聞きたくないというポーズだったのでしょうけれど、それは政治家としてどうなのでしょうか。しっかりと対話したり議論した上で意見を示すほうが良かったのかもしれないと結果は教えてくれます。

 

トランプ大統領もおそらくトランスジェンダーの勝利を嬉しくは思わないでしょうが、それでもそれがアメリカの底力。次の大統領は一体どんな人になるのでしょうか。まずは女性の初大統領が先になってしまうかもしれませんが、いずれセクシャルマイノリティの人も、そしてエスニックマイノリティの人も大統領になる日が来るかもしれません。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る