2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

欲しがらない世代-どう考えても理由はこの国への不安でしかない

景気は良くなっているのに消費が伸びない-不思議がるニュースもありますが、どう考えても理由は一つ。将来への不安以外の何物でもないでしょう。



経済統計を見ると景気は回復しています。しかし消費に力強さは見られず、特に若い世代に勢いがない。政府も、エコノミストも、それを問題に思っています。消費者庁は、ことしの消費者白書で「消費に消極的な若者」の特集を組んで分析しています。なぜ若い世代は“使いたがらない””欲しがらない”のか?考えてみました。(どうなる経済“新時代”取材班) データで見える若い世代 まずは、このデータ。「平均消費性向」という指標です。収入から、税金や保険料を差し引いて、手元に残ったお金(可処分所得)のうち、どのくらいを消費にまわしているかを見るデータです。一般に、高ければ、消費意欲が旺盛だといわれます。 ニュース画像 左は全世代の平均。1984年(86.2%)から2014年(78.4%)の30年で7.8ポイント下がりました。 右は30歳~34歳の平均。1984年(87.1%)から2014年(73.8%)に、こちらは13.3ポイントも落ち込みました。 見比べてもらえば、右の落ち込みが大きいのは明らか。30~34歳はこの30年で、ぐっと消費に慎重になったのです。 それより若い世代も傾向は同じです。25歳~29歳は10.9ポイント、25歳未満の世代は11.9ポイントと、いずれも平均より大きく落ち込んでいます。そして、消費を減らした若い世代では、貯蓄率がぐっとあがっているのです。 ことしの消費者白書は「全体的に消費意欲が低下しているなかで、特に若者が消費に慎重であることがうかがえる」とはっきりと指摘しています。 via あなたも“欲しがらない”世代?

business tokushu 2017 1115 eyecatch 欲しがらない世代 どう考えても理由はこの国への不安でしかない

 

景気が良いは本当か  景気というのはあくまで全体の話であって分配には踏み込んでいません。いま、非正規雇用と正規雇用の給料の差は実に300万円となっています。170万円くらいと、470万円くらいなわけです。そしていま、非正規雇用は増え続けていますし、大卒の非正規雇用者は実に4割に登るとも 言われています。

 

これだけで理解出来ると思いますが、国家全体として景気がよくなっていたとしても個人レベルでの実感としてはむしろ貧困に喘いでいる層が増えているということです。非常にシンプルな話です。だから、景気がよくなったのに消費が伸び悩んでいるのは当然のことです。

 

なぜ貯金するのか

これもまた非常にシンプルな話です。日本国民はもう既に、政府が行っている社会保障に対して全然信用していません。年金なんて最もリスキーな貯金といっても良いでしょう。だってもらえると言っていた年齢はどんどん引き上げられています。これはほとんど詐欺ですよ。よくもまあ国家が恥じらいもなくこんなこと出来るなと思う。

 

社会保障費はどんどん上がってきてい、高齢者のための優遇的な措置も間違いなく減っていきます。老後は安全、安心な暮らしをしたいと思っている人の多くはそれに必要な金額を聞けば目玉が飛び出ると思います。貯蓄が1億円あれば穏やかに暮らせるなんて言いますが、年収170万円の家庭にとって1億円というのは全ての給料を貯金に投じても適わない額であり、最早笑うしかない現状です。

 

欲しがらない世代なんて呼び方をするのはやめるべきです。いまの日本国民は、貧しくなっているのです。欲しいけど手に入らないのです。こんな当たり前のことにいまだ認識の違いがあることにただただ驚くことしか出来ませんね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る