2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

遺体動画、日本侮蔑動画など作ったyoutuberローガン・ポールを産んだのはyoutubeと視聴者だ

民衆の中に化物を生み出すのは、まさにその民衆であるということをよく教えてくれるのがローガンポールとyoutubeの関係だと言えるでしょう。彼のような人間を生み出したのは紛れもなく視聴者とyoutubeです。



人気ユーチューバー、ローガン・ポール氏が、青木ヶ原樹海で見つけた自殺者の遺体の動画を投稿したことで、世界的に大きな批判を受けている。本人は謝罪をし、YouTubeはポール氏に対する処分を発表したが、今のままのYouTubeの仕組みでは今後も同様の事件が起きるだろうと指摘されている。

◆変わってしまったYouTube。注目こそがすべて

 英日刊紙メトロに寄稿した、ユーチューバー兼ライターのルーシー・ウッド氏は、「最初にハマったときには予期できなかった方向に、ここ数年のYouTubeは向かっている」と述べる。以前のユーチューバーたちはいたって普通、だけどおもしろくてちょっとだけ変な、仲間のような存在だったとする。YouTube自体が、小さなユーザー、小さなコミュニケーションの場を支え、見る側の意見に耳を傾け、個性あふれるクリエイティブなコンテンツを静かに上げる人々の発掘に力を貸してきたが、現在は経済的利益と知名度を支えているように見えると同氏は批判する。

金を稼ぐマシンに短期間で成り下がったYouTubeでは、ふわふわのエイリアン帽姿で死体を撮影する男のビデオがお奨めでトレンディになると述べ、2016年の調査で15~25歳の実に70%が夢の職業に「YouTubeスター」をあげたことを嘆いている。

 アトランティック誌は、今回の事件で最も心配なのはポール氏の行動ではなく、彼を有名にした歪んだインセンティブ(動機)だとし、注目こそがすべてというネット界の状況を問題視する。オンラインプラットフォームは何よりもエンゲージメント(客との結びつき)の最大化を求め、それにより我々から人間性を奪うようなコンテンツを好むようになると指摘する同誌は、同様のプラットフォームが増々ティーン文化を支配しているのが現状で、ポール氏だけでなくすべてのソーシャルメディア・スターが大人が用意したインセンティブに応えているのだと述べる。

14歳の子供にスマホを渡して、これで有名になれるかもしれないと大人は教えるが、これでは本当に大金を得た子供がいつカメラをオフにすべきか分からないのは無理もないことで、反発が起きるまで問題の動画が広がり続けたのもさほど不思議ではないとしている。

via: 遺体動画、悪いのはユーチューバーだけ? プラットフォームの欠陥を指摘する声

logan paul 遺体動画、日本侮蔑動画など作ったyoutuberローガン・ポールを産んだのはyoutubeと視聴者だ

 

youtubeでの最適行動とは何か

youtubeが用意したプランは非常にシンプルなものです。再生回数を稼げ、そうすれば金が稼げるというもの。これが何を生み出すかと言えば、人間の原始的で野蛮な感情を引き出すような動画を作る行為です。

 

バカバカしく、破壊的で、後先を考えず、自己破壊的な衝動すら感じさせる無軌道な動画は、見る人間にある種の開放感とドラッグのような中毒性を生み出します。この世界にあるあらゆる不満をぶちまけて壊してしまおうとする態度は、見る人によってはどれほど気持ちの良いものか想像がつかないほどです。

 

そしてそれはそのままイコール、そう感じない人間にとっては混乱や恐怖を意味します。日常の当たり前の規範や価値観が破壊されることにって興奮する人たちがいるということは、まさにそういうことです。彼らの第一原理は生活ではなく、むしろそれがおかしくなっていく様なのですから当然です。

 

youtuberがお金を稼ぐ簡単な方法は、一部の民衆が熱狂的に望む破壊的なコンテンツを作り続けることなのです。最適な方法を取り続けることで、ローガンポールは億を越える収入を得ることが出来ました。

 

デジタルと倫理

再生回数が多ければ多いほど良い、そういう言い方をするとテレビだってそうかもしれません。しかしローガンポールほど無軌道なことはしてきませんでした。なぜなら、広告主がそれを嫌がるからです。暴力的で凶暴なコンテンツの合間に掃除機の広告を出しても仕様がないですしそれどころか商品のイメージが悪くなる可能性も十分にあります。

 

しかし、youtubeではそうではありません。企業はどの動画にどの広告を出すか、という細かいところまでコントロールしません。それゆえ企業からのイメージが悪くなるから広告を載せられなくなり、そうすると困るからギリギリの線を攻めるといったインセンティブが無いのです。コンテンツメイカーは、広告主の方は一切見ずに、ただ視聴者の欲望を肥大化扠せ続ければ良いのです。

 

その結論が今回の事件なのであれば、今後改めて大きな問題になるのは「広告倫理」になるだろうと私は考えています。皆さんはいかがでしょうか。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る