2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

男性用ピルが登場間近? 避妊の選択肢が増えて良いことだ

男性が出来る避妊の方法は多くなく、実現可能性が低いか失敗しやすいものばかりでしたが、ここに来てとうとう男性用ピルが登場するかもしれません。



(CNN) 避妊薬(ピル)はこれまで専ら女性が使用してきたが、将来的には男性向けの安全で効果的なピルが登場するかもしれない――。米シカゴでこのほど行われた内分泌学会の年次大会で、そんな研究結果が発表された。

研究結果を記した論文の筆頭著者を務めたのは、米ワシントン大医学部のステファニー・ペイジ博士。ペイジ氏によれば、研究チームは今回、テストステロンなど精子の生成にかかわるホルモンの血中濃度をピルにより深刻な副作用なく減らせたという。

研究では、18~50歳の男性83人を対照群もしくは3つの治療群にランダムに割り振り、それぞれの治療群に1日100、200、400ミリグラムのピルを投与した。

 

この結果、いずれの投与量においてもピル摂取開始から28日後に、血中テストステロンの値が「去勢水準」にまで下がることが判明した。去勢水準は化学物質もしくは外科手術による去勢で目標とする血中テストステロンの値のことで、通常の定義では1デシリットル当たり50ナノグラム。

ペイジ氏は研究の目標について、「副作用を最小限に抑えた男性用の手法を開発することだ」と説明する。

女性の場合、ホルモンのピルや注射、子宮内避妊器具などの避妊方法がある。ただ、男性向けの選択肢ははるかに少ない。

ペイジ氏は「男性が現在使用できるのは精管切断とコンドーム、膣外射精だけだ」と指摘。「世界の妊娠の40%は事前に計画したものではないことから、新たな避妊薬に未開拓の需要があるのは明らかだ」としている。

matt2 男性用ピルが登場間近? 避妊の選択肢が増えて良いことだ

 

画期的な発明

これは本当に素晴らしい発明ですね。これまで様々な避妊は、現実的には女性がピルを飲むことが最も明確な対策でした。パイプカットのようにもう二度と生殖活動が出来なくなるような避妊というのは現実的ではありませんから。コンドームも、多分に事故が起こり得るところが恐ろしい。失敗して妊娠している例も多いですから、コンドーム以上に良い避妊方法というのは常に模索され続けてきました。

 

今回のように男性側が飲むことによって避妊効果を生むことが出来るというのは本当に良いですね。それに手軽ですし。副作用の問題はもちろんあるでしょうから一体どうなるのかそのあたりはこれから明らかになっていくとは思いますが、少しでも望まれない妊娠が減るのであれば良いことです。

 

性感染症に注意

しかし、こういう言い方をすればピルさえ飲んでいればコンドームを付けなくても良いと考える向きもあるかと思いますがそれは明確な間違いです。コンドームは避妊の他に、性感染症予防としても非常に重要な役割を担っているからです。これは女性のピルのケースも同様で、妊娠しないからとコンドームを付けないで性行為をしていると様々な病気になる可能性が十分にあります。

 

これは男性用ピルについても同様ですし、もしも男性がピルを飲んでいるからといってコンドームをつけないことを提案してきた場合には注意が必要です。長期的な関係で浮気などの恐れがなければ問題ないと思いますが。そうではなくて信用が置けないような人の場合は性感染症の恐れもあるので安易にピルさえ飲めば大丈夫と考えるのは危険な考え方です。

 

こういう薬が出てきたら、それを悪用するような人間も出てくるかもしれません。例えば男性が自分はピルを飲んでいるから妊娠しないなどとうそぶいてコンドームをつけず性行為を行い、それによって望まない妊娠が出てくることもあるでしょう。これは逆もあって、女性が妊娠しないから大丈夫だとコンドームを拒否して妊娠して無理やり結婚するという事例もありますから、十分に警戒する必要のあることでしょう。

 

結論をまとめてしまうと、よっぽど信頼できる関係性でない限りはピルが副作用なく機能するとしてもコンドームを付けることが結局は一番安全なのだということです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る