2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

有名人に匿名で何か言ったら普通に訴えられる時代がやってくるかも

なんだか勘違いしているような人が多いですが、有名税も何もあったものではありませ。名誉毀損は有名人であっても当然成立します。こういうのはどんどん訴えられるべきでしょう。



ネット上の誹謗中傷を受ける一方の立場だった有名人が反撃を開始しました。横浜DeNAベイスターズの井納翔一投手が、匿名掲示板に悪口を書き込んだ女性に対して損害賠償を請求したのです。

本人を特定することはいたって簡単

20180209 00000012 wordleaf 0fa6022c055afce8b2a700bf81fde62e7 有名人に匿名で何か言ったら普通に訴えられる時代がやってくるかも
写真:アフロ

 井納選手は、掲示板に「そりゃこのブスが嫁ならキャバクラ行くわ」と書き込んだ女性に対して191万円の損害賠償を請求する訴えを起こしました。

 井納選手の担当弁護士は、この書き込みが誰のものかを確認するため、掲示板管理者に問い合わせを実施。入手したIPアドレスをもとに、プロバイダーに対して個人情報の公開を求めました。今回は、井納選手が情報公開を求めていることを知った女性が、井納選手側に連絡したことで本人が特定されましたが、女性が何もしなくても、本人が特定されていたはずです。

 匿名の掲示板であれば、本人が特定されないと思っている人も多いのですが、現実には誹謗中傷された側がその気になれば、本人を特定することはいたって簡単です。

 ネット上では、「この程度で訴えられるのか」との意見もあるようですが、著名人はこうした誹謗中傷を毎日のように受けています。これまで多くの著名人は、反論すればSNSやブログが炎上して面倒になることや、有名税だとの思いもあって法的な行動を控えてきました。しかし一部の著名人は、限度を超えた誹謗中傷に辟易しており、抑止効果も考えてこうした行動に出たものと思われます。

一般人は、裁判をするだけでも大変な資金が必要

 現実には、名誉毀損で高額の賠償金が命じられるケースは少ないですが、一般の人にとっては、裁判をするだけでも大変な労力と資金が必要となり、日常生活が麻痺してしまいます。今後、著名人が本格的にこうした行為に乗り出してきた場合、相当な抑止効果となるでしょう。

 一部には、言論には言論で対抗すべきだという意見もあるようですが、ネット上の誹謗中傷は匿名を前提に一方的に相手を貶めているだけですから、言論とはいえないものです。

 また、こうした訴訟について、社会的強者が弱者に対して恫喝目的で行うSLAPP(スラップ)に該当するとの意見がネットの一部で見られますが、スラップは政府や大企業が個人に対して行う行為を指しており、名誉を毀損された個人が訴訟を起こすケースは該当しません。またスラップかどうかを判断するのは司法の場ですから、まずは訴訟を起こすというのは法的に正しい手続きといえます。

via: ネット上の誹謗中傷に有名人が反撃、抑止効果となるか?

 

今までが狂っていた

こんなに素晴らしいニュースは中々ありません。今後どんどんこのような文化が育まれていけば良いなと心の底から思います。一体なんでこれまでこのような下品で無礼な振る舞いが許されてきたのか、むしろそれが不思議で仕方がないのです。有名人とはいえ普通の人間であって、嫌なことを言われれば傷つくし、デマを流されたら迷惑だし、失礼なことを言われたら腹が立つ。それは普段生きている人間関係と何も変わらないことです。

 

にも関わらず、なぜかオンラインであればそれが許されるような気でいる人たちが多い。匿名のSNSならば何を言っても問題がないと思っている人が多い。これはとんだ勘違いであり、思い上がりの甚だしいことこの上なく、個人の特定など容易であって、顔と名前を出して言っているのと何も変わりません。匿名という仮面をかぶって、普段は絶対言えないような、言わないようなことを人に向かって投げかける人間は、根本的に勘違いしているのです。

 

そしてただ何かを勘違いしている人間自体は別に存在していても構いませんが、その人の振る舞いや言動に暴力性があれば当然訴えられ得る。当たり前のことですよね。無知であることは罪になりませんが、無知ゆえに人を傷つければ裁かれる。しかも無知なだけじゃなく明確な悪意を持って行っているわけですから、許されるわけがありません。幼稚な無邪気さではなく、下品な人間の汚れた感情ですから。

 

ネットを使っちゃいけない人たち

よく子どもがSNSなどネットを使うことに対して不安視する人がいますが、私からすればそんなもの子どもも何も関係ありません。どれだけ多くの人が不特定多数の人間が見ている場所で匿名の仮面をかぶって言いたい放題人を傷つけるような事を言っていると思っているのでしょうか。大人も子どもも関係なく、非常に常識のない人間というのはたくさんいます。

 

今回の犯人も、これまで当たり前のように多くの人間に失礼なことを言ってきたのでしょう。スクリーンの向こう側にいる人間に何を言っても反応が返ってこないと思っていたのでしょう。でもそうではない。そこには生きた人間が、まさしくその悪口を書いている人間と同じように人間が存在していて、傷つき怒り反撃してくる人間がいるのです。

 

今回のことを反面教師にして、匿名で暴力的な事を言う人間は気をつけたほうが良いでしょう。許されない言動はオンラインもオフラインも同じです。そんな当たり前のこともわからない大人がたくさんいることに、私は改めて驚きを禁じえませんね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る