2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

裸の画像を送る少女たち-加害者の底知れぬ悪意を見よ

インターネットの使い方の授業が全国の小中高で盛んに行われています。そこで必ず扱われるケースとは、知らない人に自分の裸の画像などを送ってしまった人が、その画像をインターネット上に拡散されてしまったようなケースです。一体なぜ彼女らは自分の裸の画像を送ってしまうのでしょうか。



あなたのお子さんや、身の回りの友達は、SNSに自分の画像を安易にアップしていませんか? いま、SNSを通じて知り合った人にだまされたり、脅されたりして自分の裸をスマホで撮影し、メールなどで送らされる女子中学生や女子高校生の被害が急激に増えています。被害の背景には、親や友達にも相談できず、見知らぬ相手にいつのまにか追い込まれていく、巧妙な手口がありました。 (ネットワーク報道部記者 栗原岳史 吉永なつみ) 子どもたちの悲鳴 「SNSで知り合った自称高校生に裸の画像を送ってしまった。親にも言えない…」 これは、東京都が運営するネットのトラブルに関する相談窓口「こたエール」に今月寄せられた女子学生からの被害の相談です。相談を受け付けるスタッフによりますと、この1~2年で同じような相談が増加し、とくに趣味が合ったり、悩みの相談にのったりするうちに親しくなった相手から、突然、裸の画像を要求されるケースが多いというのです。 「さすがに嫌だ」と断っても、これまでに送った顔写真や、プライベートの情報をネット上で拡散するぞと脅され、言われるがままに裸の画像を送る少女もいるということです。脅した相手は男性の場合もあれば、少女と同性を名乗るケースもあります。いずれの場合もツイッターや友達募集のアプリを通じて、はじめは音楽やゲーム、漫画などの同じ趣味の話題で親しくなっているため、相手への警戒心が低いところにつけ込んでいるのが特徴です。 「同じスポーツをしている人と知り合いたくて、SNSでいろいろな人をフォローしていた。相手が卑わいな話をして、やり取りをしていると、急に胸の写真を送ってほしいと言われた」(「こたエール」への相談事例より) 相談員は、ネット上では経歴や性別をいくらでも詐称することができるので、信頼できると考えたとしても、プライベートの画像を送るのは絶対にしないでほしいと呼びかけています。 子どもたちの悲鳴 どのように少女に近づくか では、どのような人物が少女に近づいて画像を送らせるのでしょうか。 警察によりますと、今月23日、児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕された福岡県の30代の男は、女子中学生に近づく際、SNS上で同じ年の女子を装っていました。男は架空の設定を作りあげて、アプリを通じて学校などの話をして共感を得てから「私も同じ学年だよ」と持ちかけ、インターネットなどで入手したと見られる女の子の画像を送りました。そして、「私も送ったからあなたも見せてよ」と要求し、女子中学生に裸の画像を送らせたということです。 男のスマホからはほかにも数百枚の未成年と見られるわいせつな画像が見つかっているということで、警察が余罪を調べています。 via NHK NEWS WEB 少女はなぜ裸の画像を送るのか

K10011306671 1801291514 1801291519 01 02 裸の画像を送る少女たち 加害者の底知れぬ悪意を見よ

 

なりすましの恐怖

なぜ裸の画像を送るのか? 不思議に思う人が多いのではないでしょうか。いくらなんでも会ったこともない人間に、一体どんな理由があれば自分の裸の画像を撮影して送るなどということをするのか。その理由の一つは、参照記事のように非常にいやらしい手段にあります。

 

同年代の女性の振りをして近づき、メッセージを介して趣味などを共有しながら親しくなった上で、自分の画像(と称してネットで拾ってきた画像)を相手に送って、自分も送ったからお前も送れと言ってくるのです。仲良くなった友人との関係を壊したくないがために、仕方なく送ってしまうのです。

 

人の友情や好意を最悪の形で利用するおぞましい犯罪行為です。概要だけ聞いているとそんなことに引っかかる人なんているんだ、と驚いてしまうかもしれませんが実際にたくさん起きているケースです。そんなことに引っかかるほうが悪い、という風に個人に原因を求めるだけではダメでしょうい。

 

どうやって止められるのか?

しかし、問題はこのような犯罪を止めることが出来るかどうかでしょう。実際のところ、私はそれがほとんど不可能だと考えています。なぜなら、こういった事件には明確に悪意が存在しているからです。人の裸の画像を手に入れ、それを使って更に脅し、SNSで拡散したりその画像を販売してお金を稼ごうとしている人間がいるからです。

 

彼らはあらゆる手段を用いてその欲望を満たそうとします。そもそも犯罪行為なのですから、最初からルールからは逸脱しています。彼らに「それは悪いことです」と伝えた所で「そんなことは知っている」という反応が返ってくるだけのことです。彼らの行動を唯一抑制出来るのは直接的な罰だけですが、痴漢の常習犯は捕まるときに「今回はヘマしてしまった、次こそ気をつけよう…」という心理になるそうです。実際性犯罪の再犯率は他の犯罪とくらべても優位に高いのです。

 

彼らの悪意は、底知れぬ欲望によって生まれています。自分のことだけを考え、被害女性の気持ちを理解せず、共感せず、自分の快楽のためだけに行動しているのです。厳罰化に向かっても彼らを止めることは出来ません。唯一出来るのは片っ端から捕まえることだけ、つまり未然にこの手の事件を予防するのはほとんど不可能なのだと思います。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る