2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

年金受取開始は遅らせる方が得、という制度設計に隠れたウソ

60歳から70歳まで、年金を受取り始める年は自分で決められるというのはご存知でしたか? しかし、どうにもこの制度設計の仕組みが気に食わないなあと思っています。



大きな話題になっている年金についての話しです。
年金をもらい始める年齢を本人の選択で70歳より先に延ばせるようにする
検討を政府が始めます。竹田 忠解説委員に聞きます。

 年金受取開始は遅らせる方が得、という制度設計に隠れたウソC180122 0 年金受取開始は遅らせる方が得、という制度設計に隠れたウソ

アナ)これは、みんなの年金がもらえる時期が、今より遅くなってしまう、
ということですか?

そうではないんです。今、年金がもらえるのは、原則、65歳からですが、
これを一律、遅らせる、という話しではないんです。
あくまで、本人が、選択できるようにしよう、というものです。
というのも、実は、今の年金制度そのものが、
年金をいつからもらうか、本人が選べるんです。

アナ)そうなんですか?

そうなんです。65歳というのは、あくまで原則で、
実は、60歳から70歳までの間で、いつからもらい始めるか、
それは、本人が選べるんです。

アナ)そうすると、早くもらった方が得ですよね?

そうとは限りません。
というのも、年金の額が違ってきます。
65歳より早くもらうと、その分、毎月の額が減るんです。
たとえば、60歳だと、月額が最大30%減ります。
逆に、65歳より遅らせると、額が増える。
70歳だと、月額が最大で42%増えます。
つまり、何歳からもらおうと、
平均的な受給期間に達した時点で、
もらえる年金の総額は同じになる、という設計です。
今だと82歳ぐらいで、同じ総額になる計算です。

 年金受取開始は遅らせる方が得、という制度設計に隠れたウソC180122 5 年金受取開始は遅らせる方が得、という制度設計に隠れたウソ

アナ)それよりもっと長生きした場合は?

一度決まった毎月の額は、そのまま続きます。
ですから、長生きするほど、後からもらい始めた方が得、
ということになります。
今回は、選択できる期間をもっと広げて、
もらい始めを、70歳よりもっと先に延ばせるようにすることを検討します。
その場合は、この月額も、もっと増える、ということになると思います。

アナ)なぜ、そんなことを検討するんですか?

長寿化が進んで、今や人生100年時代が迫っています。
長い老後のことを考えると、働けるうちは働いて、
自分の年金の額を少しでも増やしておく、
という選択肢は必要ですし、年金財政にとってもプラスになります。
ただそのためには、もっと定年や再雇用制度のありかたももっと見直して、
高齢者がさらに働きやすい社会にする必要があります。

 

via: 「人生100年 年金開始はいつから?」(ここに注目!) | おはよう日本 「ここに注目!」 | NHK 解説委員室 | 解説アーカイブス

 

支給額が増える、は本当か?

なんだかこの文章だけ読むと、確かに後からもらったほうが多くのお金を82歳以降は受け取れるという風に書いているのですが、これって本当なのでしょうか。そうではなくて、本来であれば60歳から受け取れるものを、後ろの方に伸ばさないと正規の額が受け取れないような制度設計になっているような気がするのですが邪推でしょうか。

 

今後すぐに社会保障のための予算が出るとは到底思えませんし、それを賄えるだけの財政的改革も起きないということは、もしも後ろにした方が特になるような設計にしているとしたら、負担を先送りしているだけで全然アホらしい対症療法にしかなっていないじゃないですか。

 

ということは、整合性を取って考えるなら、60歳から受け取ると損をするという言い方の方が正しいのではないでしょうか。年金受給年齢を引き上げて65歳以上にし、定年からの5年間を不安な再雇用に変えるなどしてきた企業が、まるでこの方がお得ですよとばかりに見せ方を変えてくるのにはかなり強い違和感を覚えます。

 

それでも従うしかない

しかし、裏を返すとだからこそ政府の作戦はうまく出来ているなと思います。今の時代、少しずつ60歳以降の再雇用も増えてきている中、今後更に雇用が延びるようにうまく誘導しているのでしょう。少しでも支払いを遅くしたいのか、あるいはシルバー人材を活用させたいのか、それとも若手をボロボロにしたいのか、よくわかりませんが、それでもみんな少しでも老後の心配を減らすために長く働こうとするはずです。

 

政府というのは本当にずるいというか、権力というのが暴力と裏表であることを思い出させてくれるような内容ですよね。それにしても、定年が60歳から65歳に引き上げられ、年金受給が5年間遅れると言われたときの世代はどんな気持ちでそれを受け止めたのでしょうか。ようやくリタイアかと思えば5年も伸びちゃったわけですから、そのショックは大きなものだったのではないかと推察します。

 

これからの若手も、年金が受け取れるのは人生100年時代だからといって90歳などにならないか心配です。これ、冗談じゃなくて本当にこうなるかもしれないというのが本当に恐ろしいところですね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る