2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ハリウッドの技術が医療の世界で活用される? 理学療法×ハリウッド

映像制作のあらゆる技術の全てが生まれ活用されている場所といえば間違いなくハリウッドですが、そんな最先端の技術が医療に用いられるケースが出ていると言います。



ハリウッドに普及しているテクノロジが、理学療法の分野にも浸透し始めている。  映画「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズでキャラクター「ゴラム」の映像化を実現したのはモーションキャプチャ技術だったが、この技術は現在、理学療法に活用されつつあり、トレーナーの指導を受けながらの運動を、自宅のリビングにいながらにして可能にしている。  デジタルヘルス企業Reflexion Healthが提供する仕組みはこうだ。テレビをつけて、同社のプログラムを起動する。同社が開発した「VERA」というシステムに2台のカメラが接続されており、ユーザーはその正面に立つ。一方のカメラがユーザーの動きを録画して臨床医がそれを確認し、もう一方のカメラはユーザーの関節の動きを追跡する。  映画であれば、追跡した情報はコンピュータグラフィックスで生成されたキャラクターのアニメーションに使われることになるが、このプログラムではひとつひとつの運動をユーザーがどのようにこなしたかを診断する。  Reflexionのシステムでは、青と黒のトレーニングウェアを身に着けたアバターが正しい運動フォームを実演してみせ、患者はテレビを見ながらそれをまねる。このアバターの名前が「VERA」(Virtual Exercise Rehabilitation Assistantの頭字語)なのである。 figure_1 画面左にトレーナーのアバターが立ち、正しいフォームを示す。右にはユーザー自身の動きが映し出される。 提供:Reflexion Health  VERAは、例えば、椅子の背につかまって右脚を横に上げるなどの動きを指示する。この運動で、ユーザーが左脚を前に上げていることが検出されると、正しく動かすよう指示してくる。  「臨床医が『この5種類の運動を1日に2セットやるように』と書いた紙を患者に渡したところで、その指示が守られるとは限らない」と、Reflexionの最高技術責任者(CTO)であるSudipto Sur氏は指摘する。一方、運動するよう促し、さらに実際に手伝ってくれるシステムがあれば、患者はもっとしっかり運動するようになるはずだ、と言う。  VERAは、私たちの日常生活にすでに入り込んでいる技術が、いよいよ医療の世界にも進出するようになった、その最新の一例にすぎない。米国では医師の多くが、病院から呼び出しを受けるときに、いまだに1990年代製のポケットベルを使っている現状を考えれば、これは特筆すべき変化だ。 via CNET JAPAN「医療分野に進出し始めたハリウッドの映画制作技術

patientapp ハリウッドの技術が医療の世界で活用される? 理学療法×ハリウッド

 

テクノロジーの伸びしろは無限大

これは非常に面白いニュースですね。ハリウッドが持っている世界でも最高峰の映像技術が、医療の分野で活躍するとは。テクノロジーの本質的な価値は他の多くのものに応用することが出来るという典型的な事例だと言えるでしょう。

 

医療というのはどうしても病院など特定の場所でしか行うことが難しいもの。それに対してハリウッドというのはいかに様々な場所で楽しまれているかを考えれば、それを組み合わせることで多くのことを成し遂げられるであろうことが想像出来るというものです。

 

特に最近3DCGというのは本当に凄いですよね。モーションキャプチャも凄い。人が動いたら、その動きを捕捉して、更にその動きに合うようにアニメーションを付与させることが出来るのですから。最近東大でも、いまの動きを把握することで0.5秒後の動きを予測する機械を公開していましたね。まさに武道の達人のように、今の一瞬の動きで次のアクションを予想するというものでとんでもない技術となっています。

 

こんなに大げさな言い方をしなくても、最近高校生や大学生の中で爆発的な人気を誇るsnowなんかも凄いですよね。顔の動きに合わせて犬や猫のデコレーションがついたり、口を開いたらそれを認識してクッキーが飛んで来るようなアニメーションを加えたりします。リアルタイムでそれが出来るのだから技術の発達には恐ろしさすら覚えます。

 

これからの社会を考えるのが面白い

現代の魔法使いと言われる落合氏の言うような、魔法の世紀というのは事実でしょう。今までと違って、もはや私達はそのテクノロジーの中身を理解する必要はない。例えばテレビなんかも最初はリモコン操作から覚えなくちゃいけなかった。スマートフォンもタイピングの仕方から覚えなくてはならなかった。でもこれからどんどん変わっていくでしょう。スイッチを入れたら後は喋ればいいのです。「これから使い始めたいのだけど」と言えば使い方をその機械自体が教えてくれることでしょう。

 

そうなったとき、私たちは最早説明書が必要なくなることになります。そこにはただ体験だけがあり、覚えるという作業は必要なくなります。魔法の世紀の中で私達は極めて高度なテクノロジーに囲まれて一体どんな生活を送るのでしょうか。楽しみです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る