2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

素人に教えさせるな:小学校の英語教育拡充は人材不足と長時間労働を悪化させる

なんというか、この場当たり的なやり方のしわ寄せって全部現場に行くんですけどそういうことって政府は全く分かっていないのかなと感じますね。愚かです。



 英語に対する子供たちの関心や意欲を引き出して、大切に育みたい。

 小学3、4年生で月2回程度、歌やゲームで英語に親しむ「外国語活動」が、今春からスタートする。5、6年生は、これまで週1回だった授業が月に1、2回増える。読み書きなども新たに行う。

 2020年度に実施される次期学習指導要領は、小学5、6年生での英語の教科化が柱となる。それを見据えた措置だ。円滑な移行のため、英語学習を先行して充実させる狙いは妥当である。

 気がかりなのは、外国語活動を担う教員の水準が十分とは言えないことだ。英語の指導法を学んでいない学級担任による授業が基本となっているためだ。

 教育委員会は研修を行っているものの、英語力に不安を抱える教員は少なくない。英語を母語とする外国語指導助手(ALT)の配置も、自治体ごとにばらつきがある。授業の質に格差が生じる懸念は、かねて指摘されていた。

 授業の質向上には、英語力に優れた指導者の確保が欠かせない。文部科学省は来年度、英語の専科教員1000人を全国に配置する。20年度には4000人に増やすという。中高の英語教員免許所持者だけでは足りない人数だ。

 地域と連携し、留学や海外勤務の経験者など、外部人材の積極的な登用を進めるべきだ。

 文科省は、2~3年間の実績と指導力のあるALTに、特別免許状を授与する方策を推進する。ALTは学級担任と共に授業を行う必要があるが、教員として採用されれば、単独で教壇に立てる。

 担任の負担を軽減する効果も期待できるだろう。

 学校現場では、英語の授業時間の確保も大きな課題となる。今回増えるのは、本格実施時の半分程度だが、時間割は既に満杯の状態だ。総合学習の時間を転用できるのは、移行期間に限られる。

 指導要領が20年度から本格実施されれば、授業はさらに増え、時間の捻出はより難しくなろう。

 具体的な方法は、各校の裁量に委ねられる。朝の短時間学習や、給食の前に5時間目を組み込む試みが広がる。土曜日や夏休みの活用も想定される。

 教員の長時間勤務を助長することは避けねばならない。移行期間の実施状況から課題を見極め、授業時間の在り方を工夫したい。

 子供たちが早くから英語を楽しく学ぶ環境を整える。それを、中学、高校での実践的な英語力の習得につなげることが重要だ。

via: 小学校の英語 授業の質と時間を確保したい : 社説 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

14 2328 01 素人に教えさせるな:小学校の英語教育拡充は人材不足と長時間労働を悪化させる

 

場当たり的な発想じゃダメ

なんというか、日本の教育政策には本当にうんざりするというか驚きますね。あまりにも場当たり的すぎて話になりません。そりゃ人材がいない中で、人材の育成もしないままで、教育の量や種類や質を増やそうとしてうまくいくわけがありません。当たり前すぎて、一体なぜこんなことになっているのかさっぱりわかりません。

 

つまり、何か新しいことをやるなら、新しいことをやるために必要なリソースを確保しないといけないということです。ご飯食べないと死ぬので、軍隊には食料が重要です。同じことですよね。食料なしに軍事行為を遂行するのは不可能です。教育も同じで、人材やリソースが無いと出来ません。不可能です。

 

それなのに日本はそれを実行しようとしています。愚かですね。なんといっても場当たり的だというのが最大の問題です。先を見越すことが出来るなら逆算して段取りを作ることをはできる。段取りの中には新しい英語教育の育成も、他の職種からの英語教員へのコンバートも、全て含まれます。それが全く追いついていない…。なんだこれ。

 

素人が教えちゃダメ

大体ですね、英語教育に全然元々教育を受けていない人間がいきなり小学生に教えるって無理でしょ。しかも自分で勉強出来る年でもないのですから、最初に先生から教わる英語というのは子どもにとって非常に重要なものです。それをこれまで学んできたわけでもなければ、長時間労働でそれでなくとも大変な中で新しく学び直すことも簡単じゃないのに、なんというか出来るわけが無い…。

 

ALTの先生を使おうという話も出ていますがこれもあまりにも適当すぎる。常識的に考えればわかると思うのですが、中学生や高校生に教えるのと小学生に教えるのは全く別でしょう。小学校低学年と高学年でもかなり違う。もちろん中学と高校も全然違う。そういう大切なことを全部無視して、まあネイティブなら小学生にも教えられるだろうというのは大きな大きな間違いです。

 

このくらいの英語や英語教育への理解しかないのに、なんで形式だけ英語の授業をどんどん増やしていくのだろう。バカというか愚かというか、とにもかくにもひどい話です。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る