2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

三浦瑠麗、今回の差別発言には驚きだが妄想ではないだろう

北朝鮮の工作員が大量に日本に潜んでいるという「妄想」をお茶の間に披露した国際政治学者の三浦瑠麗氏は今回の件で社会的な信用をかなり失ったように思う。

根拠不明な「スリーパーセル」 さる2018年2月11日に放送された『ワイドナショー』における国際政治学者・三浦瑠麗氏発言が物議を醸している。番組放送中に、三浦氏が「スリーパーセル」と称される北朝鮮の暗殺部隊(工作員)が、日本の大都市部、特に大阪に潜んでいる、と断定したものである。番組中の詳細な発言は以下の通り。

(前略)……(三浦)実際に戦争が始まったら、テロリストが仮に金正恩さんが殺されても、スリーパーセルといわれて、もう指導者が死んだ、っていうのが分かったら、一切外部との連絡を絶って、都市で動き始める、スリーパーセルというのが活動される、活動すると言われている。

(同席者)普段眠っている、その暗殺部隊みたいのが……

(三浦)テロリスト分子がいるわけです。それがソウルでも、東京でも、勿論大阪でも。いま結構大阪がヤバいって言われていて。

(同席者)潜んでいるって事ですか?

(三浦)潜んでます。というのは、あの、いざというときにその最後のバックアップですよ。そうしたら首都を攻撃するよりかは、正直他の大都市が狙われる可能性もあるので。東京じゃないからという風に安心はできない。というのがあるので、正直我々としては核だろうがなんだろうが戦争して欲しくないですよアメリカと。 出典:ワイドナショー(2018/2/11、強調筆者)

北朝鮮の特殊工作員が常に日本の大都市部に潜んでいて、有事の際には事前の想定通り、独自に日本で破壊活動を行う・・・というある種の観念は、小泉訪朝に揺れた、ゼロ年代中盤におけるネット右翼の典型的対北朝鮮工作員観をトレースしたモノで、これを私は「工作員妄想」と名付けている。

小泉政権下、電撃的な二度の小泉訪朝と拉致被害者の部分帰国は、その報道の過程において北朝鮮工作員が拉致被害者を主に日本海沿岸の各県の海岸等から連れ去ったことが明らかになり、世論は身近な日常の中で北朝鮮工作員が存在し、跳梁跋扈して拉致事件を起こしたことに驚愕した。そして実際、「5人生存8人死亡」等の北当局の一方的な発表に、多くの日本人が憤慨したことは記憶に新しい。

1970年代から80年代にかけて、続発した謎の失踪事件と北朝鮮工作員との関わりについて、日本の公安当局は早い段階から一部でその相関を予測していたと言うが、実際に北朝鮮工作員による拉致事件の全容が明るみになり、政治課題として俎上にあがったのはずっと後になってからのことである。 by NEWSWEEK 広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

furuya180214 thumb 720xauto 三浦瑠麗、今回の差別発言には驚きだが妄想ではないだろう

 

事実ではあるだろう

今回の話について、私はこのような内容の全てが嘘だとは到底思えません。実際のところこのようなことはあると思います。私自身ももし国家の中枢を担うような人間であれば間違いなくこのようなことをするからです。工作員を入れておくことは非常に重要ですから、関わるあらゆる国にそのような人材を投入します。

 

諜報は最も重要な国家の戦略を練るために必要なことですし、その諜報人材が出来る限り工作をすることができる人間であるほうが望ましいことは間違いありません。ですから今回の彼女の考えを、現実的でないとか嘘だという風に批判することは必ずしも正しいことではないように思います。なぜなら十分にあり得ることからです。

 

ただし今回の最大の問題は、それがたとえ事実であったとしてもヘイトに近い形で拡散してしまったことです。あのような発言の仕方をしてしまうとまるで全員が犯罪者が大量に潜んでいるように思われてしまうことだって十分にあり得ます。

 

日本はスパイを持っていない

日本は世界でも珍しく、公的な諜報組織があまり発達していません(公安は別ですが彼らも国内の活動が主)。インテリジェンスとも呼ばれ一昔前ではスパイという風に呼ばれていたものになりますが、日本はこの制度がしっかりできていません。防衛省や内閣にそれに類する組織はあるのですけれども、それぞれが相互に連携しているわけでもありません。

 

アメリカも長く国内に別々の組織として複数のインテリジェンスが機能していましたがそれが911のテロを予見できなかったということから、その情報を一つに取りまとめて統合的な意思決定を行う必要性が議論され、今では統合的な意思決定を行うようになったそうです。

 

インテリジェンスの存在というのは国家の趨勢に関わる非常に重要な部分ですから日本にもあった方がいいと言うのは間違いありませんし、そして北朝鮮がそのような組織を持っていても何の不思議もありませんし、日本に北朝鮮からそのようなメンバーが入ってるのも間違いのないことです。ただ今回のように勘違いを生み出したり減らしたりするような発言に対しては、特に研究者として権威を持ってる人間ですから十分に気をつけるべきだったというのが私の個人的な結論です。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る