2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

性暴力の加害者は知らない人ではなくほとんどの場合身内や学校の先生

みなさんは知っていましたか? 性暴力の加害者は突然あらわれる見知らぬ他人ではなく、実は身内や学校の先生など顔見知りであることがほとんどだという恐ろしい事実を。



子どもへの性暴力は学校や家庭など身近な場所で起きていて、決してひとごとではありません。被害に遭った子どもをさらに傷つけずに事実を確認し、支える取り組みが徐々に広がっています。

■専門家「氷山の一角」

 厚生労働省によると、2016年度に児童相談所が対応した性的虐待は1622件(速報値)で10年前の約1・4倍。警察庁の統計では16年、強姦(ごうかん)や強制わいせつなど18歳未満への性的虐待で保護者らを摘発した例が162件。加害者は養父・継父67人、実父42人など。今年7月施行の改正刑法では性犯罪が厳罰化され、親による家庭内の性暴力などを想定した処罰規定が新設された。

 文部科学省によると、わいせつ行為やセクハラで懲戒処分を受けた教員は15年度に195人、訓告などを合わせ224人。うち、自校の児童・生徒が相手だった例が91人。場面別では放課後が22人、部活動が12人、授業中が13人だった。

 16年には関東地方の中学校で、修学旅行中に男子生徒2人にキスをした男性教諭が懲戒免職に。九州地方の小学校では男性教諭が誰もいない教室に女子児童を呼び出し、下半身を触る事件が起きた。児童は怖くて被害を訴えられずにいたが保護者が気付き、警察に届け出たという。

via: 子どもの性暴力被害、傷つけず聞き出すには:朝日新聞デジタル

AS20170927001969 commL 性暴力の加害者は知らない人ではなくほとんどの場合身内や学校の先生

 

実は怖いのは身内

こんな統計を信じたくはないのですが、間違いのない事実として、性的加害は多くの場合身内によって行われることが明らかになりました。前々から言われていることではあるのですが最新の情報でもやっぱりそう。

 

ものすごく多いのは、実父と継父です。俄には信じがたいですよね…しかもその割合ってそんなに変わらない。実の父親が娘に対して性的虐待・加害を行う可能性が高いのです。そして続いて出てくるのは学校の先生。ここまでで性的加害の8割くらいになります。父親と学校の先生が性的加害者の8割って信じられます? 信じたくないですよね。

 

しかし、このようなデータは日本だけではありません。私が知っている範囲だけでも、スウェーデンなど北欧諸国やアメリカもこのような割合になっています。性的加害は突然の暴力として行われるよりも、むしろ性欲を隠した親密さの中でこそ行われるものなのです。

 

巧妙で醜くいやらしい手口

これらの加害行為の実に醜く性質が悪いところは、決して「無理やり」やるものばかりではないということです。手懐け行動と言われる親切心に見せかけた信頼を得る行為を行い、少しずつ近づいていくのです。

 

怖いのは、子ども側もそれを加害だと中々気づけないこと。自分を信頼してくれていたり愛していることを示す行為の一環として受け止めてしまうことが十分にあるのです。しかし、幼ければ幼いほど性欲などの感情と親密さの区別は難しく、性的加害の被害者になってしまうのです。

 

恐ろしいことに、このような被害を受けた心の傷はすぐに癒えるものではありません。段々と年を重ねる内に、親密さの現れだと思っていた数々の行為が実は性的な欲望によるものだったこと、そして自分は性的に搾取されてきたことに気づいた場合に恐ろしい傷を与えてしまうのです。

 

その後のコミュニケーションにおいて過剰に性的な形しか取れなくなってしまったり(人と仲良くなるためには性行為をするのが一番はやいという感覚など)日常生活においても大きな影を落とします。

 

身内に起こりうるこのような犯罪を受け入れたくない人がほとんどだと思いますが、もしかしたらという目線で子どもたちを見守らないと、いつの間にか大変なことになっているかもしれません。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る