2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

中学生への性教育、内容を親に確認する必要があるとかわけのわからないことを言うな

なんていうか未だにこんなことを言っているから日本の性教育は遅れてると言われるんですよね…。



中学の性教育「指導要領超えるなら保護者了解を」都教委

2018年4月26日21時30分 朝日新聞デジタル

 東京都足立区立中学で3月にあった性教育の授業で、「性交」や「避妊」といった言葉を使ったことは中学の学習指導要領の範囲を超えているとして、都教委が区教委を指導した問題で、都教委は26日に開いた定例会で、今後の性教育のあり方について示した。指導要領を超える内容を教える場合は、事前に保護者の理解と了解を得られた生徒に限り、個別やグループで授業を実施することがふさわしい、とした。

 3月の授業で、学校は事前に保護者会で説明し、保護者あての手紙でも知らせていたが、都教委は「保護者の意向確認ができていなかった」とした。保護者の意向をどう確認するか、基準は求めないという。

 教育委員からは、「社会の変化に教育が追いつかず、悩んで一歩踏み出した足立区の先生たちの授業は否定すべきでない」「現場の先生たちには、萎縮せずに積極的に性教育に取り組んでほしい」などの意見が出た。

 足立区では同日夜、弁護士や元教員、地域住民らが今回の問題についての緊急集会を開催。「子どもの実態と教育上の課題などを正面から受け止めた、地域が誇るべき授業。都議の都議会での不当質問と、都教委の『不適切』『指導』答弁に強く抗議をする」とのアピールを採択した。

2014121700106 1 中学生への性教育、内容を親に確認する必要があるとかわけのわからないことを言うな

 

一体彼らは何を言っているんだ

ちょっとこんなに意味わからんことも中々無いと思うのですが、性教育の内容についていちいち親の同意を取らなくちゃいけないって完全に常軌を逸しているでしょ。教育内容は公的な形で決定される。親の意見ももちろん重要だけれど、それはあくまでアドバイザリーな、決定的ではなくてアドバイス的なものにすぎない。それを参考にすることはありですが、彼らが反対したからってできなくなるような類ではない。

 

そもそも、一体誰が適切な性教育を決定することが出来るというのか。いまの大人がどれだけ子どもたちの現状を知っているのか。性に関する情報の氾濫も、昔より更にすごいことになっている。スマートフォンで普通のサイトを読んでいるだけでも18禁の広告などが出てくる。こんなこと今の大人が子供の頃には存在しなかったことだし、この環境がどれだけ影響をあたえるのかもわかりません。

 

その上で、専門家たちがなんとかこの状況で出来る最善の策を考えているわけです。それが性教育の実態です。それを、現状も何もよく分かっていないような大人が「子どもには早すぎる」って言って止めたところで、あんたそんなのいまのwebではいくらだってアダルトビデオが見れるというのに何を言っているのか。グローバリゼーションなどと同様、もはや避けられるものではなくてそれをどう受け入れてコントロールしていくのかということなんです。

 

そういうこともわからないで安易に教育内容に口を出すなんて、いや出すのは勝手だけれどその勝手な意見に決定性や拘束力をもたせちゃいけない。これはとても大切なことです。主張すること自体は自由だしその内容に何か制限を加えることはよくないでしょう。しかし、その意見が何かを決定してしまうのであればそれは断固反対です。

 

性とパートナーシップ

私は日本の性教育にはもっとパートナーシップとしての内容を加えるべきだと考えています。具体的な性行為の話などはもちろん、そのリスクと同時に喜びもまた伝えるべきでしょう。家族を持つということがどういうことか、それが人生をどんな風に彩るのか。望まない妊娠は辛いこと、だからこそ妊娠のリスクを下げるために愛するパートナーだからこそコンドームなどの着用を徹底すること。

 

そんな当たり前のことすらいまの性教育は教えられていません。性とはパートナーシップや愛情、家族などと共に語られる文脈の中にあるはずです。その一部の具体的な行為にだけ過剰にフォーカスして問題視するのは間違っているでしょう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る