2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

転職後にとまどうのは仕事の進め方や慣習、裏を返せばブラック企業から抜け出すチャンス

リクルートが新しい調査結果を出したようです。その内容は、転職後にとまどうことのランキング。仕事の進め方の違い、業界用語、職場ならではの慣習がトップ3のようです。



株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林大三)は、2018年1月31日に、転職情報サービス「リクルートエージェント」の登録者を対象にアンケート調査を行った。それによると、転職決定者が「入社後にとまどった」こととして、勤務時間などの条件ではなく、その企業や職場ならではの「仕事の進め方や慣習」を挙げている人の割合が高くなったことがわかった。以下、リリースより。 調査結果/全体 転職者が入社後にとまどった上位3項目は「前職との仕事の進め方の違い」「業界用語等が分からない」「職場ならではの慣習」であった。via @人事 転職者が入社後にとまどうことのトップは「仕事の進め方の違い」

rs rik 1 180131 転職後にとまどうのは仕事の進め方や慣習、裏を返せばブラック企業から抜け出すチャンス

 

転職のストレス

ブラック企業や過労死が問題となり、転職が活発化している昨今。企業はどこも人材不足に喘いでいます。転職は徐々に昔に比べて当たり前の選択になりつつあり、それは基本的にはポジティブな効果を生むでしょう。終身雇用が終わりいつリストラされてもおかしくない中で、一つの企業にとどまることは十分リスクになりえるからです。

 

しかしとはいえ簡単に踏み出せないのも転職。給料がどうなるかも、仕事内容も、人間関係にも不安が残り、特に大企業からそうでない企業に行く場合にはブランドを失うということを恐れて動けない人も多いハズ。今回の調査ではその転職後にどんなことでとまどうかを調べたようです。

 

仕事の進め方の違い、業界用語、職場ならではの慣習と割と想像が出来るようなものがトップに躍り出ました。仕事の進め方なんて上司1人違っても全然異なるものになりますし、業界が違えば用語が違うのも当然、かつ職場ならではの慣習なんて本当にどの職場も異なるところでしょう。

 

ブラック企業からの脱出は可能

しかし、このように考えてみると業界用語以外の部分って実はとても大事なことですよね。仕事の進め方だって、職場特有の慣習だって、ブラック企業的なところの特徴は非常に明確でしょう。いまブラック企業にいる人は、他の企業に移ることでふざけた仕事の進め方やデスマーチから解放されたり、職場の無茶苦茶な文化(飲み会だったりセクハラだったりパワハラだったり)から抜け出すことが出来るかもしれないのです。

 

戸惑うというのは要するに違うということ。違うというのはいいこともあれば悪いこともありますが、自分が今いる場所がかなり嫌なのであれば、他の場所に移ってみたら全く違う常識の中で生活出来るかもしれません。一つの会社の中では正義や常識でも、他の企業から非常識だということはよくあります。例えば出社前の職場の掃除、ありえないと考えている会社はたくさんあります。朝礼で宗教の話を聞かされる会社ばかりではありません。

 

今いる場所が嫌になったら、ちゃんと逃げる準備はした方が良い。そこで文化の違いに戸惑うことがあるかもしれませんが、きっと自分に合った場所はあるはずです。転職を選択肢の一つに入れておくことを強く勧めます。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る