2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

スマートな監視カメラ、警備業界にもAIや自動化の波が来ている

何もかも自動化される時代には、警備だって自動化されます。事件が起こったらカメラが自動でそれが事件であることを認識して通報する仕組みだってあと少しで完成する時代…激動する警備業界。



犯罪や事故の発生を未然に防ぎ、人々の安全を守ることを業務とする警備業界では現在、AI(人工知能)やロボティクスを使った業務の自動化・効率化が進んでいる。その背景には、日本の社会的課題のひとつである人手不足があることは言うまでもないだろう。

日本のある大手警備会社の幹部は、以下のように話していた。

「もしもセンサーやロボットなどを含めた弊社のオンライン警備システムをまったく使わなかったとしたら、日本では約1000万人以上の警備人材が必要になるという試算があります。おおよそ日本の人口の10人にひとりと考えると、とても膨大な数です。実際にはそこまでいきませんが、警備業界が人手不足であることは事実です。限られた人間の力を有効活用するためにも、人間がやらなくていいことは自動化していくことが求められています」

そんな警備業界におけるAI活用例として真っ先に思い浮かぶのは、画像解析技術を使った「モニタリング業務の自動化」ではないだろうか。つまり、防犯カメラなどから得た画像・動画データを解析して状況を正確に把握したり、怪しい人物や犯罪の兆候を掴むというものだ。

対象・事象の正確な識別が可能になればまず、犯罪・事件発生時の的確な対応に繋げることができる。例えば倒れている人と眠っている動物をAIがしっかり区分できれば、人間の警備員が現場に向かわせるかどうかの判断を適切に下せるはずだ。

さらにもっと高度なレベル、すなわち「事故・犯罪兆候の割出し」の段階まで実用化できれば、警備にかかるコストを大幅に削減することができるようになるかもしれない。そうしたいわゆる「知能化された防犯カメラ」の需要は今後、高まってくると予想されている。

via: 警備業界にも訪れる「自動化の波」への期待と課題

cb21c53e01edf9fb25f6ab527a681e99 スマートな監視カメラ、警備業界にもAIや自動化の波が来ている

 

警備業界がやっていること

警備業界と聞くとすぐに浮かんでくるのはALSOKですが、彼らがやっているのは一体どういうことなのでしょうか。パターンはいくつかあります。例えば普通の家にセキュリティを仕掛けておくこと。不法侵入者が出たらすぐに向かいます。学校や店にもそういう仕組を用意しています。

 

他にも、その店などセキュリティ対象に直接警護にあたる場合もあります。何かあったときのために、通報システムを置いておくだけじゃなくて実際に警護する人間を置いておくということです。もちろんこちらの方が高額なサービスになります。

 

他にも色々ありますが、大体こういう形です。そしていま、この両者とも自動化が進んでいるのです。にわかには信じられないことですが、どうやらテクノロジーの発達はそこまで来ているのです。

 

何を自動化するか

まず今まで人間の目視が絶対に必要だと言われていたのが監視です。警報システムと言っても、怪しい泥棒が家に入っているようであれば急行しなければなりませんが野良犬が庭に入ったくらいなら放置しても大丈夫でしょう。こういう切り分けは自動でやるのが難しく、人間がやらねばなりませんでした。だから監視には常に人力が使われていたのです。

 

しかし、AIに学習させればそ人間か動物かといった区別を人間より上手に行うことが出来る可能性がどんどん高まってきています。そうすれば、監視のための人間は必要なくなります。

 

また、店の中の警護についても同様です。ロボットが巡回して、急な発砲音や叫び声などを聞けばすぐさま急行し録画を始め、中に銃を装備しておけば人間が近づかなくても遠隔で犯人を攻撃することも可能です。また、顔認証技術を使えば指名手配犯などを報告してくれたりもするでしょう。凄まじい進化です。

 

人間だけが出来ると思われていたことがどんどんロボットに置き換えられていくとしたら、私達の仕事は一体いつまで残っているのでしょうか。楽しみですが、不安も募ります。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る