2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

英国シンクタンク国際戦略研究所「アメリカ、中国に空を奪われるかも」

あらゆる国や組織がそうであるように、永遠に続くものなどありません。アメリカ一強の時代はいよいよ終わりに近づいているようです。



イギリスの国際戦略研究所は、世界の軍事情勢をまとめた報告書を発表し、中国が新型のステルス戦闘機やミサイルの開発を進めた結果、冷戦終結後、アメリカが守ってきた空の優位性が揺らぐ可能性があると指摘しました。 イギリスの有力なシンクタンク、国際戦略研究所は14日、世界各国の軍事力や地域情勢を分析した年次報告書、ミリタリー・バランスを発表しました。 報告書では、軍の近代化を進めている中国軍について、戦闘機に搭載する空対空ミサイルの新型をことし中にも配備する可能性があるほか、ステルス性能を持つとされる新型戦闘機「殲20」を2020年までに前線に本格配備すると見られる、としています。 そのうえで、報告書は「冷戦終結後、アメリカとその同盟国が当然のこととしてきた空の優位性が揺らぐ可能性がある」と指摘しました。 また、中国軍が2000年以降、日本と韓国、それにインドの合計を上回る数の駆逐艦や潜水艦などを導入していることや、東アフリカのジブチに設けた基地を利用して地中海などに展開する艦船の支援を行うと見られるとして海軍の急速な増強についても注目しています。 報告書を執筆した専門家たちは記者会見で、アメリカと同盟国は、戦略だけでなく航空宇宙技術の見直しまで迫られる可能性があるとし、日本の自衛隊が近く、上陸作戦専門の部隊「水陸機動団」を発足させるなど新しい分野に取り組まざるをえなくなっていると指摘しています。 via NHK NEWS WEB 国際戦略研究所「中国軍近代化 米の空の優位性揺らぐ可能性」

C yt7WsXoAAEUQ4 英国シンクタンク国際戦略研究所「アメリカ、中国に空を奪われるかも」

 

日米同盟の限界もある

正直なところ一国がいつまでも力を持てると思ってるのは大間違いです。アメリカは長年日本にとって非常に強い味方でしたが、それがずっと最も強い味方であるということはほとんどありえないのです。中国が大きく発達していることに驚きを感じる人も少なくないかもしれませんが、実際の所膨大な軍事費をかけている中国がこれからどんどん力をつけて行くことには何の不思議もありません。

 

日本はこれまでアジアとの協働について十分議論や検討をしてこなかったように感じますがそれは今となっては間違いです。なんといっても日本自体がアジアの中に強国として成長を果たしたように他の国もまたそうなのです。日本人はなぜかアジアのことはアジアと呼びそこに日本を含まないように話すことが多いと思いますが、これもまさに肋骨に差別的認識を感じます。

 

軍事的なところだけじゃなくて経済的あるいは文化的な意味でも完全に日本はアジアの中の一角にすぎないという状況にすっかりなってしまっています。この数十年間で日本のアジアにおける存在感は随分下がってきました。それはきちんと認めるべきでしょうアメリカはもちろん協力が大国ではありますが海をまたいだ遠くにある国です。

 

アメリカとの同盟を維持すること以上にアジアとの関係をよりよくすることは非常に重要なとこになるでしょう。中国が空軍を強めてその支配権を高めていくということはもちろん大きな脅威ではあると共に、その力をうまく活用することができれば日本の安全はより強くをさせることができるでしょうしそのために国家が何らかのアクションを必要があるでしょう。

 

隣国だからこそ難しいが

とはいえ中国といえば元々侵略的な国家ですし、今でも多くの領土争いをしています。アメリカは国が遠いからこそ安心して同盟が組める部分も少なくはありません。どうしても隣国であればあるほど奪い合ってしまうというのは欧州やアフリカ、どこの地域を見ても同じことですから。

 

そう簡単に中国と協力するとは難しいのかもしれません。しかしながら一つだけ言えることはアメリカといつまでも一緒にいさえすれば全てが解決するというような考え方は間違っているということです。アメリカにだけ頼るのではなく、世界の中で日本がどのように活躍していくのかということを考える時期がますます近づいてきてるということでしょう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る