2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

隠れた銃大国スイス、アメリカと違って事件件数はめちゃくちゃ少ない

日本では考えられないことですが、銃を持つことの出来る国は少なくありません。その中でもスイスは3位につくほどの銃大国であるにも関わらず事件は少なく、アメリカとは大違いです。



 先日、久しぶりに、筆者の住むチューリヒから少し離れた町を歩き、商店街で思わず立ち止まった。ショーウィンドーのスペース一杯に、いろいろな銃が飾ってあったからだ。以前は、ここにこんな陳列はなかった。きっと銃を買いたい人が増えているのだろうと思った。  アメリカは個人が銃を保有する国というのは周知のことだが、安全な国として名高いスイスにも、実は銃を持っている人が多い。スイスの研究機関The Small Arms Surveyの調べ(2011年9月発表)では、住民100人ごとの銃の数は、1位がアメリカで89丁、2位がイエメンで55丁、3位がスイスで46丁だった。以降は、4位のフィンランド(45丁)、6位のキプロス島(36丁)、8位のイラク(34丁)、15位のドイツ(30丁)などと続く。    銃所有に関する国際比較は、実施年や収集データによって統計結果に差が出てくると思われるが、スイスの消費者情報誌『saldo』が、2017年10月25日版で、最近の国内事情を載せていた。同紙によれば、2013年末の時点で、国内には推定180万丁の銃がある。このほかに軍隊用が20万丁だという。スイスでは、18歳から30歳までの男性に一定期間の軍隊訓練が義務付けられている。  スイスは18歳で銃が購入できる。ちなみに、銃を買える年齢は、アムネスティインターナショナル・スイス内の資料(2010年12月)によれば、ドイツは25歳から、フランス、ベルギー、スウェーデンもスイスと同じく18歳から、フィンランドは親の許可があれば15歳から可能だ。  購入には州の許可(登録)が必要となる。『saldo』は、国内6つの州に問い合わせ、2012年から2016年の5年分の数値を掲載している。チューリヒ州での登録数は2012年が3千強丁だったのが、2016年は4800丁になった。チューリヒ州の隣のアールガウ州では、約2800丁から5117丁に、ベルン州でも3千強丁だったのが4487丁になった。残りの3つの州も、急激ではないが増加傾向を示している。  こうして具体的な数字が公表されているものの、正確な全体の所有数は不明とされる。上記180万丁が推定値なのは、2008年以前に購入された銃や所有者が変わった銃が登録されていないからだ(登録は2009年から始まった)。  銃購入が増えている状況はスイスの公共放送も注目していて、2017年3月にテレビでドキュメンタリーを放映した。公共放送の調べでは、購入が増えているのは、ヨーロッパ内のテロ事件や難民問題で不安を抱える人が増えたためだという。  特筆すべきは、使える状態の銃がこれほどあっても、スイスでは銃を使った犯罪が驚くほどには多くない点だ。銃が使われて死者を出す事件は、毎年平均40件だ。銃は、いつでも警察に引き取ってもらえるから手放すのは簡単だ。それでも、こんなに保有しているのは、スイスでの銃所有を取材したイギリスBBCが書いているようにアメリカでは自分の護身のためで、スイスでは国を守ろうという意識がいまも強いからかもしれない。  ただし、銃が身近にあることで、犯罪とは違った問題もある。自殺に使われるケースが多いのだ。これはスイス国内ではよく報道されていることで、『saldo』でも触れている。銃で自殺した人は年々減ってきてはいるものの、2014年は187人に上った。スイスの公共放送は、こうして亡くなる人の95%が男性で、20~39歳が多いと述べている。銃が身近にある限り、何らかの負の問題は避けられないようだ。 via NEWSPHERE「銃社会スイス――民間に180万丁、人口比3位も少ない犯罪 その特殊事情

swiss gun 隠れた銃大国スイス、アメリカと違って事件件数はめちゃくちゃ少ない

 

アメリカとスイスの違い

スイスが銃大国というのは意外と知られていない情報の一つではないでしょうか。実はスイスは世界3位の銃大国。しかしアメリカとはまったくレベルの違う世界が存在しています。なんといっても、銃で殺し合わない。銃を使った事件が全然起きない。

 

もうなんて言ったらいいのかわかりませんが、これって本当に民度の問題だと思うのですよね。幼少期からの教育の問題か、はたまた徴兵制があるからなのかわかりませんが、あくまで国家のための銃であって、自分の利益や命のために銃を持つというアメリカの価値観とは全く異なる。これって同じ銃国家としては紛れもなくスイスの方が良い国家だと言わざるを得ません。

 

銃を持つこと自体が悪いのではなく、それを使う人間のモラルが問われているのだということを凄くわかりやすく教えてくれるのがスイスであると言えるでしょう。武力や暴力が悪いのではなく、それを用いる人間が悪いのです。

 

自殺のための銃

しかし、同時に自殺のために使われている銃という側面は見逃すことができないかもしれません。破壊力がある分、一撃で死ぬことも出来る銃ですから、自殺したい人間にとっては最も有用なツールの一つであることは間違いありません。

 

だからといって銃が悪いとは言えないでしょう。短絡的に考えたらそうかもしれませんが、ちょっと日本に視線を向けなおしてみると全く違うものが見えてきます。そう、ラッシュ時に電車に飛び込む人間は日本の方が遥かに遥かに多いのですから。自殺する人間に迷惑だのなんだの言っても仕方ありませんが、死に方としてシンプルなのは間違いなく銃による自殺。

 

ですから、どうせ銃が無いならないで他の死に方を考えることを思えば、このくらいの人数が銃で自殺しているとしても、銃自体を否定するのは難しいでしょう。銃社会が悪いのではなくてアメリカの銃乱射については犯人が悪い。そしてアメリカの文化が悪い、というのはスイスを見てみればおもったより簡単にわかることですね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る