2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

続く東京一極集中、このままだと地方は死に、東京は窒息する

全国からの東京への転入数が依然極めて高いことが明らかになりました。地方再生と言いながらも実際にはやはり東京に全てが集まる状態が続いていきそうです。地方は死ぬのか。



総務省が、住民基本台帳をもとに去年1年間の人口の動きを調べたところ、東京都を中心とする「東京圏」への転入者が転出者を12万人近く上回って、22年連続で「転入超過」となり、「東京圏」への一極集中が続いていることがわかりました。 それによりますと、3大都市圏のうち、東京・神奈川・埼玉・千葉の「東京圏」は転入者が転出者を11万9779人上回り、22年連続で「転入超過」となりました。転入超過の人数は、前の年に比べて1911人増え、2年ぶりの増加となりました。 一方、大阪・兵庫・京都・奈良の「大阪圏」は、転出者が転入者を8825人上回ったほか、愛知・岐阜・三重の「名古屋圏」も、転出者が転入者を4979人上回っていて、いずれも5年連続で「転出超過」となり、「東京圏」への一極集中が続いていることがわかりました。 また、全国の1718ある市町村で見ると、転入者が上回っているのは、都市部やその周辺のベッドタウンなどに限られ、全体の76.3%に当たる1311の市町村では、転出者が上回る状況になっています。 総務省は「東京圏への転入者が多いのは、30歳未満の若い世代が地方から進学や就職を理由に流入しているからと見られる。今後もこうした傾向は続くのではないか」と話しています。

 

via NHK NEWS WEB 東京圏への一極集中続く 22年連続「転入超過」

 

image search kikan3 続く東京一極集中、このままだと地方は死に、東京は窒息する

 

なぜ一極集中してしまうのか

東京への一極集中は留まることを知りません。これは世界各国で起きている都市化現象の一種だと言うことが出来るでしょう。国が発展すればするほど、地方の人間にも様々な情報が行き渡るようになり、地方と都市とのギャップが明確になればなるほど、特に若者がその中心的としを目指すようになります。

 

働くという意味でも、恋愛や結婚という意味でも、日本で最も盛り上がっているのが東京であることを否定する人はいないでしょう。そしてそれがそのまま、多くの人が東京にやってくる理由になります。そしてそれが次の…という風に連鎖的に東京に人が集まっている現状があります。

 

しかし日本全国を考えてみた時に、果たして東京にだけ人が集まっているこの状況は良いことなのでしょうか? 答えは明確に否です。一体どうしてでしょうか。

 

一極集中の弊害は何か

一極集中の問題の一つは、地方の過疎化です。地方の人間が減れば、当然そこにある経済圏も縮小し続けます。そのうち滅びていく店や業界も出てくるでしょう。東京なら店が潰れてもすぐに新しい店が入ってきますが地方はそんなことありません。一度潰れてしまえば、もう同じような店は出てこないかもしれないのです。人がおらず、経済が回らず、よっていくつもの機能が壊れていきます。郵便や医療だってその一つです。すでに無医村もいくつも日本には存在しています。

 

次の問題は東京の過密化です。東京という狭い地域に異常なまでの人間が集中的に住んでいることの歪みは、ラッシュ時の満員電車を見ればわかるでしょう。人はあんなふうにギチギチに詰まった状態で移動することに向いていません。明らかに生命体としての矛盾を抱えており、東京という都市自体が害悪ですらある可能性もあります。

 

また、文化が均一化されること、東京を攻撃されたら全国の指揮系統がめちゃくちゃになることなど具体的な不安も存在しています。東京一極集中が終わることは恐らく無く、地方はどんどん衰退して人がすまないようになっていくのでしょう。日本は少しずつ死へと向かっています。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る