2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

トランプ大統領「中国みたいにアメリカも終身大統領制ありでは」無しです。

絶対に起きてほしくないことの一つが同じ大統領が死ぬまでトップで居続けること。中国で終身独裁が起きかけていますがアメリカでのそれは悪夢でしか無いでしょう。



アメリカのトランプ大統領は、南部フロリダ州で3日行われた支援者との会合で、中国の習近平国家主席について「今や彼は終身の国家主席だ。すばらしい」などと述べ、今回の全人代で憲法が改正され、国家主席の任期を撤廃し、習主席が無期限に主席にとどまることが可能になる見通しであることを念頭に、冗談交じりにたたえました。 会合は非公開で行われましたが、CNNテレビが会合の音声データを入手したとして、その内容を伝えたもので、トランプ大統領が「習氏はそれをやることができた。すばらしいことだ。われわれもいつか試してみなければならないかもしれない」と、アメリカ大統領の任期の撤廃にも言及すると、会場から笑い声や歓声が起きています。 via NHK NEWS WEB トランプ大統領 「終身の国家主席 われわれもいつか」

K10011351841 1803050617 1803050618 01 02 トランプ大統領「中国みたいにアメリカも終身大統領制ありでは」無しです。

 

トランプ大統領という悪夢

トランプ大統領というのは半数以上のアメリカ人にとってはほとんど悪夢のようなものですが、ひとつだけラッキーなのはその悪夢というのはどんなに長くても8年で強制終了するというところにあります。

 

なぜならばアメリカの大統領は四年間の二期制で、再選できなければ四年間で大統領を退くことになるからです。これだけが唯一の救いだと言えるのではないでしょうか。そのような意味においては彼が終身制の大統領になるんだということは、どういう冗談であっても絶対に受け入れられるものではなく、アメリカの混乱をさらに招くための国家破壊的なことであると言うことができるでしょう。

 

私個人としては、正直再選することすらできず四年間で彼が大統領を退くことを心から望んでいるのですが、今後選挙の行方がどんなふうになるのか非常に楽しみです。アメリカという超大国を指揮する大統領が彼のような極めてナルシスティックかつ独善的で、単純なロジックと扇動的な言動を繰り返す人間であることは、正直世界の平和という観点から見ればマイナス以外の何者でもありません。

 

アメリカの多様性

オバマ大統領という初の黒人大統領の後に出てくるのがこのような極めて偏執的な白人大統領であるということ、しかも経営者で非常にお金に強い、そういう人が大統領に受かったということはとても象徴的なことだとは思います。

 

しかし、次の大統領選挙では間違いなく強烈な逆風、揺れ戻しが待っているでしょう。そうじゃなければとてもじゃないですがアメリカ国民の良識を疑わざるを得ません。こういうものは何事もバランスなので、オバマ大統領が出てきた次にトランプ大統領が出てくることはギリギリ許容をすることができるとしても、その次の大統領についてはもう少しまともな人間が出てくることになることが当然だと思っています。

 

ヒラリーが出てくるのか、はたまたサンダースなどが出てくるのかは分かりませんが、おそらくリベラルで知的な階層の人間が大統領になることでしょう。シーソーゲームのようなものですが、私はそのような人間の方が対話が可能なので良い大統領になれると思います。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る