2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

新卒学生の就職観6つのパターン、一位は「状況観察型」あなたの周りはどうですか?

就職に関する価値観は毎年変動があって面白いですが、今年はある程度余裕があるからか状況観察型が多いようですね。



学生・新卒の就業観とは? 総合的に判断する「状況観察型」が最多

via @人事

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、6月25日、国内学生及び社会人2年目までを対象に「就業観に関する調査」を実施し、その分析結果を発表した。

同調査より、大学生・新卒の就業観を6つのタイプに分類すると、状況に応じて最適な意思決定を行う「状況観察型」タイプが最も多いことが分かった。以下、リリースより。

売り手市場では「採用ブランディング」が重要に

企業の新卒採用は、少子化に伴う売り手優位の状況が続き、採用対象である学生も、スマートフォンやソーシャルメディアを使いこなすのが当たり前の世代へと移行するなど、新たな局面を迎えています。求人媒体を中心とした既存の採用手法のみでは幅広い候補者を集めることが困難になる中、採用ターゲットを明確にし、適切なメッセージ、媒体を用いてターゲットに訴求する、採用ブランディングが重要になっています。

DTCではこうした課題に対し、デジタル戦略コンサルティング部門と人事コンサルティング部門が共同でデジタル採用ブランディング支援サービスを提供しており、関連して「就業観に関する調査」を2018年4月18日~4月20日に計1,362人の大学生(うち920人)、新卒2年目までの社会人(うち442人)を対象に実施しました。

大学・新卒の就業観を6つのタイプに分類

調査では、回答結果より因子分析を行い、大学生・新卒を就業観で次の通り、6つのタイプに分類しました。本資料では大学分類別、性別ごとに各タイプの割合の違いをまとめたものを明らかにしています。

  • 状況観察型:会社選定において様々な軸で比較検討を行い、状況に応じて最適な意思決定を行う
  • チームワーク重視型:職場の人間関係を何よりも重視し、大切な仲間と共に仕事を遂行する事を志向する
  • 自由重視型:自分のやりたい事を柔軟に行える事を重視し、仕事とプライベート両方の充実を志向する
  • 安定志向型:企業や人間関係等、所属する環境が長期的に安定している事を重視する
  • 自己裁量重視型:自己裁量で仕事を遂行する事を重視し、キャリア初期にはチャレンジ経験を志向する
  • プロフェッショナル志向型:どこに行っても通用するスキルや専門性を高める事を重視し、(それを実現しやすいと学生が考える)大企業を志向する

調査結果

調査対象全体に占める割合では「状況観察型」が最多の31%となり、次いで「チームワーク重視型」が21%、「自由重視型」が18%となっています。「自己裁量重視型」や「プロフェッショナル志向型」の割合は10%以下となりました。

180625sub3 720x331 新卒学生の就職観6つのパターン、一位は「状況観察型」あなたの周りはどうですか?

一方で、出身大学分類別や男女別に比較した場合には、旧帝大では「状況観察型」の割合が低い、早慶上智では「自己裁量重視型」の割合が高い、などタイプごとの構成比に差があることが分かります。

180625sub2 720x308 新卒学生の就職観6つのパターン、一位は「状況観察型」あなたの周りはどうですか?

調査で質問した就職希望業界・職種やライフステージの考え方や働き方の価値観、魅力的な会社や仕事などの回答をもとに各タイプについてペルソナ分析を行い、その特徴を明らかにしています。

 

6つのパターン

栄えある第一位は状況観察型とのこと。なんというか、可もなく不可もないという感じで面白みがありませんね。色んな基準で比較検討するって、まあそりゃ誰でもそうだろという気がします。むしろこれをしない人ってちょっと頭が悪いのではとも思います。まあ逆に言うと、これさえあればok! みたいな学生は少ないという話なのかもしれませんね。

 

チームワーク重視型はまさにその名の通りで、人間関係を大事にするタイプ。おそらくこういう人材を採用したい会社としてはインターンが必須でしょう。会社の雰囲気を感じさせた上で、仲良く人間的な関係を作れば他の場所に行くことをリスクとして考えるはずなので採用しやすくなりそうです。逆に学生目線からも同じく、インターンは必至でしょう。

 

自由重視型は裁量を求めるタイプでありながら、かつプライベートも自由にしたいとのこと。これが達成出来るのは能力の高い人間だけですが出来るものなら是非トライしてみて欲しいものです。安定志向型は典型的な大手ないし公務員志向。これからの時代、それが一番のリスクだということがわかってなさそうで面白いですね。

 

自己裁量重視型は、自由重視型よりはましですね。自分のオーナーシップで仕事を回したいが、初期はチャレンジ経験を大事にする。そうそう、こういう自分でトライする経験なくして自由重視になるのはただの理想が高い現実で苦しむ人だと思います。最後のプロフェッショナル型は専門性を身につけてどこでも通用できる人材になりたい「から」大手を狙うそうです。完全に頭が悪いですね。どこでも通じるスキルは大企業だとむしろ身につきづらいでしょう。

 

勘違いしている人が多い印象

うーん、なんというか全体的にキャリア観が古いというか明らかに現実を見ることを諦めているような感じがするパターン6つですね。この会社が悪いというよりは、学生のキャリア観が全然現実に対応出来ていないという話なのだと思いますが。

 

基本的なツッコミは上にも書きましたが、大体ですね自由や裁量を求めるなら徹底して能力を身につけるべきなんですよね。そして能力というのはなにかというと、学生の内から起業したりプロジェクトを立ち上げたりすることなんですよ。そういう自主性、自立性みたいなものが無い人間に裁量与えても無意味ですし。

 

そして自主性のあるプロジェクト運用、背後に守ってくれる人がいないからこそがむしゃらに頑張って責任も自分で取れる人材って、大手じゃ育たないんですよ。これは無理です。資本から上司から会社のブランドから何もかも揃った状態で「チャレンジ」って言われても、ふうんとしか言いようがない。それ、鳥のヒナが巣の中で飛ぶ練習しているようなものですからね。

 

まあ一番心配なのは安全志向でしょう。公務員にせよ大企業にせよ、むしろ「ここにいれば絶対大丈夫だ」と思ってスキルの鍛錬を怠ってしまったり、キャリア志向を失えばまず間違いなく将来的にはしんどいですよ。給料も予定どおり上がらなくなったり、仕事量はどんどん増えるのにそれを断る権利やそういう会議の場なども無かったりしますからね。学生のキャリア観が心配です。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る