2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

転職したい一番の理由は結局「労働時間、労働環境が嫌」:ブラック企業にNO

モーレツ社員なんて今の時代には少ないのです。一刻も早くまともな労働環境を整備する必要があるって全員わかっているのになぜやらないのか疑問。



空前の売り手市場と言われる今年の就活市場ですが、それにあわせて35歳以上の転職市場も活発化しているようです。

採用面接10 転職サービス「DODA(デューダ)」が11月13日に発表したリリースによれば、2017年10月の転職求人倍率は前月比-0.11ポイントの2.25倍。さらに求人数は前月比104.0%、前年同月比118.4%と、調査開始(2008年1月)以来の最高値を更新しています。

 そんななか、今の若者はどんな理由で転職をするのか? 就職、転職支援サイト「アールエイチナビ」を運営するプレシャスパートナーズは20代の転職活動経験者500人を対象に「転職を考えた本当の理由」についてアンケートを実施しました。

建前なし! 本音の転職理由でもっとも多い理由は?  今回のアンケート結果によると、転職した本音の理由は以下のとおりでした。

第1位「労働時間・環境が不満だった」(39.0%) 第2位「経営者、上司・同僚との人間関係がうまくいかなかった」(18.8%) 第3位「給与などの待遇が悪かった」(15.8%) 第4位「会社の成長が見込めない」(7.2%) 第5位「勤務地」(6.6%) 第6位「求人広告の記載とギャップがあった」(2.6%) 同率6位「会社から期待されていると感じなかった」(2.6%)

via 人間関係、給与、勤務地…20代転職者に聞いた「本音の」転職理由、第1位は?

Fotolia 140325409 XS 転職したい一番の理由は結局「労働時間、労働環境が嫌」:ブラック企業にNO

 

 

ブラック企業にNO

こんなにわかりやすい国民からのメッセージもないのではないでしょうか。つまるところ、いま多くの若者が求めていることはたったひとつなのです。それはブラック企業から逃げ出すこと。労働時間が異常に長いというのは、もうそれだけで人生の多くをぐちゃぐちゃにするほど大変な加害行為であることを会社も理解する必要があるのではないでしょうか。

 

なんといっても、給与が理由なのは16%。みんなお金さえもらえれば頑張るだろうと思ったらそんなことはないし、働かされているのにこれしかもらえていないのかとがっかりすることを考えても、やはりお金以上に時間が関係していることがよくわかります。ブラック企業がもっとも社会にとって害悪なのはその労働時間の長さです。

 

労働時間が長いと何が起きるのか

誰でも感覚的には長く働くことが良いと思うことはないでしょう。でも実際に具体的にはどのような問題が発生するのでしょうか。現代社会において最も重要な論点の1つは、恋愛や家庭における問題。ブラック企業で労働時間が長いということは、会社にいる時間がそれだけ長いということ。会社にいる時間が長いということは、恋人や家庭に使える時間が短くなるということ。

 

恋愛をするキッカケさえ持てなかったり、子どもがいても家に帰れなかったり配偶者との時間が取れずに喧嘩になったりしている内に家に帰りたい気持ちもどんどんなくなって、精神的に摩耗してしまいます。これは現代の少子化問題も含めて考えるなら大問題だと言えるでしょう。

 

更には当然のことながら健康に悪い。座りっぱなしの仕事だったり画面を見続ける仕事なんかだと、労働時間はそのまま体を痛めつける時間と同じです。しかも帰るのが遅いということは睡眠時間も減るということ。体はボロボロになるは目も頭も疲れ切った日々が続くは、どう考えても良いことがありません。病気になれば人生の楽しみも半減どころの騒ぎではありません。

 

企業は、長時間労働がどれだけ従業員のストレスになるのかをよくよく考える必要がありますし、従業員側もいまは売り手市場ですからどんどんブラック企業から逃げて労働時間の長さがよくないことを企業に伝える必要があるでしょう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る