2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

背負わされた地獄、ロヒンギャの子どもたちはトラウマに苦しみ夜尿症も

住んでいる場所を追われ、思い出に詰まった家は焼かれ、友達は殺され、命からがら逃げた先にはずっと暮らし続けるには不安が残る簡易的な難民キャンプ。おもらし、自傷行為など心に受けた傷に苦しむ子どもたちが報告されています。



■悪夢、ストレス

「すでにトラウマを抱え、専門家のケアが必要な子どもたちが無理やり帰還させられれば、心の傷はさらに深くなってしまうことは分かっている」と、国連児童基金(ユニセフ、UNICEF)のジャスティン・フォーサイス(Justin Forsyth)事務局次長は、バングラデシュ南部コックスバザール(Cox’s Bazar)のバルカリ(Balukhali)難民キャンプでAFPの取材に懸念を語った。

 さらにフォーサイス事務局次長は、「悪夢やおもらしや自傷行為。これらは子どもたちが極限状態に置かれたときに始めることです。再び同じような暴力が起こるのを見てしまうのではないかと恐れて、子どもたちが震えている証しなのです」と話した。

 少数ながら難民キャンプで活動している心理学者たちは、比較的安定した新しい暮らしにようやく慣れてきたロヒンギャの子どもたちを送還すれば、長期的な(心の)傷を生じさせる可能性があると述べている。

 難民キャンプにはわずかながら子どものためのセーフゾーンがいくつか設けられ、お絵かきや歌、演劇や読み聞かせなどによって、つらい生き延びるための生活にいっときの休息を与える場が提供されている。一方、ミャンマー政府がどんな準備をしているかはほとんど情報がないが、先月下旬に明らかになった画像に写っていた帰還プロセスセンターは、全く対照的に鉄条網で覆われていた。

 バングラデシュ・クトゥパロン(Kutupalong)の難民キャンプで働く同国政府の臨床心理学者、シラジュム・モニラ(Sirajum Monira)氏は、ロヒンギャの若者や子どもたちを帰還させることは、単に彼らを国境の向こう側へ戻す作業ではないと強調し、「今回ミャンマーで起きたことは簡単に忘れられることではない。彼らの人生で一生負っていくことになるだろう大きな出来事だ」「送還し、ふるさとへ戻った後も彼らには精神的な支援が必要だ」と述べた。

 仏教徒の暴徒に父親を殺された10歳の少年にとっては、今いるところにとどまるほうがよいのかもしれない。「ここに永遠にいたっていいんだ」と話した少年は、ミャンマーでは一度もできなかった、学校に行くことが特に楽しいと語った。(c)AFP/Annie BANERJI and Redwan AHMED

via: 心に傷を負ったロヒンギャの子どもたち、ミャンマー帰還を恐れる 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News

wor15052419340029 m2 背負わされた地獄、ロヒンギャの子どもたちはトラウマに苦しみ夜尿症も

 

何も悪くない子どもたち

こんなに悲しいことがあるでしょうか。まず第一に、難民キャンプの生活というのがどういうものかということを考えれば、彼らが味わっている苦痛が想像出来るはずです。それは震災の後に仮設キャンプで暮らしていた方々の気持ちにも近いものではないでしょうか。

 

そこには何の思い出もなく、隣人たちは急に見知らぬ人ばかりになり、いつかココを出て行くというよそよそしさがその場所をhomeと呼べない一線の外へ置いてしまいます。いつか出ていく場所、自分の知らない場所。こんなはずじゃない、自分の「本当の暮らし」がどこかにあるような感覚。そんな感覚をいままさに味わっているロヒンギャの子どもたちの苦痛は筆舌に尽くしがたいものでしょう。

 

彼らには一切の罪がありません。にも関わらず、ただ生きてきただけで、村を焼かれて知らない場所につれてこられ、多くの死を目前にしてきた。このトラウマティックな体験が彼らの今後の人生にどんな影響をあたえるのか、不安なものがあります。

 

ミャンマーの横暴は終わらない

それにしても最近少しニュースが減ってしまいましたが、ミャンマーは依然ロヒンギャに対して極めて硬直的な対応をしています。アウンサンスーチーが長い戦いの末にとうとう民主化を果たしたと思いきや、今度はこのような国際問題の震源地になるなど想像もしていませんでした。

 

自由や権利のために戦ったはずのミャンマーという国は、その口でそのまま国土にいるロヒンギャを追い出し、そのために暴虐の限りを尽くしました。これは信じがたいことのようにも思えますが、民主主義とは「国民みんなで意見を決めること」だとするなら、国民とは誰かという線引を行う必要があることも道理。

 

ロヒンギャを「国民ではない」とみなし、一気に追い出したり殺す対象にしてしまったミャンマー。せっかくの国際的な評価ももはや地に落ち、アウンサンスーチーの評価に至っては急転直下と言っても良いでしょう。

 

結局、誰かの権利を追求するときには他の権利と競合して奪い合いになってしまうというこの世界の悲しい現実を示しているのでしょうか。悲しいですね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る