2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

働き方改革で真っ向から対立する2つの意見「何のために改革するのか」は考えなくて良い?

働き方改革は「楽が出来るようにすればよい」のか、そうではないのか。仕事は対面のコミュニケーションじゃないとだめなのか? 全く別の意見のバトルです。



働き方改革についてどっちが正しいと思いますか

楽しさなのか成長なのか、沢渡あまねさんをお招きして

  • face 働き方改革で真っ向から対立する2つの意見「何のために改革するのか」は考えなくて良い?

    坂口 孝則

    調達・購買コンサルタント

    大阪大学経済学部卒業後、電機メーカー、自動車メーカーに勤務。原価企画、調達・購買、資材部門に従業。調達・購買関連書籍23冊を上梓。2010年、調達・購買コンサルタントとして独立。

 働き方改革が企業で叫ばれて久しい。経営コンサルタントや業務改善士なども、企業の働き方改革に加担する。私(坂口孝則)もこのテーマでコンサルティングや講演などで企業に呼ばれる機会が増えた。しかし、言葉の流行とは裏腹に、真の意味での働き方改革が進んでいないように感じられる。もっと言えば、何のための働き方改革か腹落ちしないまま、言葉だけが独り歩きしている。

 そこで、当領域では第一人者である沢渡あまねさんと働き方改革について議論した。対立点で言えば、私は保守主義者で、沢渡あまねさんは進歩主義者といっていいと思う。多くの議論がかみ合わなかった。それは、私が労働の苦労と成長という幽霊を信じているのに対して、沢渡あまねさんが労働の刹那と愉悦を信じているからだろうと私には思われた。このちぐはぐな議論が、読者の思考を促すことを思ってやまない。

企業の働き方改革の実態

坂口:この1年ぐらいで、働き方改革について何か話せ、と呼ばれる機会が多くなりました。私の場合は、ほとんど大企業ばっかりですけどね。面白いなと思ったのが、質問で「空いた時間で何をすればいいと思いますか」って言われるんですよ。きわめて今のゆがんだ状況を示しているような気がします。本来なら、何かをしたいから改革するはずなのに、何か目的と手段が逆転している。

 働き方改革で真っ向から対立する2つの意見「何のために改革するのか」は考えなくて良い?
沢渡あまね(さわたり・あまね)氏
あまねキャリア工房代表。オフィスコミュニケーション改善士。
日産自動車、NTTデータ、大手製薬会社などを経て2014年秋より現職。
「無理なく」「無駄なく」をモットーにした組織改革(ワークスタイル変革)、業務改善、個人のビジネススキル強化のため業務支援・研修・講演・執筆活動などを行っている。著書に『職場の問題地図』『働き方の問題地図』(いずれも技術評論社)など。

沢渡:私は、生産性を高める観点を管理職なり社員に持ってほしいとお話ししています。あるいは、働き方改革はあれこれ取り組みを進めているけど、やっぱり何かまだ変わっていく実感がない、有効な取り組みができていないので、そういったこれからの考え方とかを教えてほしい、一緒に考えるきっかけをつくってほしいといった依頼が多いですね。

坂口:でも、結局、何をしたいかが明確じゃなければ意味がないでしょう。考え方っていっても、それって外部から教えてもらうべきなんでしょうか。そういう企業は、そもそも働き方改革が必要なんですか。ちゃんと自分たちが要件を定義する、講演の依頼改革が必要なのでは。

沢渡:しかし、コミュニケーションとか、あるいは仕事のやりがいだとか、あるいは若手のモチベーションだとか、こういったテーマは考えなければいけないでしょう。楽しく仕事をするのは今日的に大事な問題です。

坂口:ということは、生産性は変わらないし、付加価値も変わらないし、働いている時間も一緒なんだけど、幸せになったらOKみたいになってしまうでしょう、極端な話。

沢渡:そうですね。

坂口:え? それでいいんですか。

沢渡:だから、極端な話ですよ。ただ、昔と大きく違っているのは、やはり少子高齢化という問題が顕在化してきた点だと思うんです。つまり、結局、やりがいがある、もっと言ってしまえば、楽しいとか得しているとか、社員は感じたい。得する職種なり会社じゃないと、もう人は集まらなくなってきているんですね。

坂口:なるほど、それが私たちの対立する理由ですか。私は、働き方改革の先を考えろ、と言うんですけれど、考えなくてもいいと。社員が楽しかったり、得していたりすれば、まずは働き方改革は成功だと。同じ800万円を稼ぐのでも、時間が短ければそれでいいんだ、と。

 

via: 働き方改革についてどっちが正しいと思いますか:日経ビジネスオンライン

 

働き方改革は誰のためか?

会社の利益のためなのか、はたまた個人の利益のためなのか。働き方改革の議論は多いですが、結局のところこういう改革には常に「うまくそれを利用した側」と「利用できなかった側」に分かれるだけだろうと思います。あらゆる制度変更にはこういう得する側と損する側に別れることが必然的についてきます。

 

しかしそれは、会社か個人かという話ではありません。会社にとって都合の良い改革に見えても、人によってはそれを自分のキャリアの活用に利用することが考えられるからです。今回の働き方改革についても様々な見方がありますが、個人的に気に入っているのは「会社にとっても個人にとっても良い形にすること」に明確な目的を持っているようなものです。

 

ダイバーシティ・マネジメント

ダイバーシティ・マネジメントという言葉を知っているでしょうか。要するに多様性を経営に活かして収益につなげようという考え方です。これは決して個人のためにやっているのではなく、基本的には会社の利益のためにやるわけです。会社の利益のために、多様性を出来るだけ取り込みたいのです。外国人、シルバー人材、女性、障害を持った人などなど。

 

なぜダイバーシティ・マネジメントが求められるのか。理由は3つほどあると言われています。1つは多様なニーズへの対応。これまでは男性ばかりがマーケティングから商品開発、営業まで担当してきましたが、高齢者も増えたり女性の収入増加に伴い、それだけでは多様なニーズに対応することができない。そこで女性やシルバー人材を最初からチームに組み込んだ方が単一的な価値観でなく物事を考えられるだろうということ。

 

そして2つ目はイノベーションの創造。いままだないものを生み出す一番簡単な方法は、いまあるものを組み合わせるところにあります。多様な視点がここでも重要です。しかし、今回の記事で一番取り上げたいのは3つ目の「優秀な人材を採用出来るようにすること」です。

 

つまり、働き方が柔軟であればあるほど優秀な人材はやってきやすくなるわけです。労働環境が良ければ良い程優秀な人材がやってくるわけです。ですから社員にとって居心地のよい会社が、結果的に会社にとっても良い会社になるわけです。個人のために見えて、実は会社にとって大事な改革であるのがダイバーシティ・マネジメントであり、働き方改革なのだと思います。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る