2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

就職氷河期を作った大企業の言う「40代の人材不足」には怒り心頭

本当に許しがたい発言です。就職氷河期を作り出して多くのフリーターを生み出しておきながらこんな口がよくきけたものです。企業が生み出した大量の非正規雇用の闇は深い。



旭化成の小堀秀毅社長の発言が話題だ。12月7日の朝日新聞のインタビュー記事中で、自社に30代後半から40代前半の人員が少ないと話したためだ。 この世代は、企業が採用数を絞った就職氷河期世代にあたる。インタビューでも小堀氏は「構造改革で採用を極端に減らしたためです」と、自社の採用戦略の責任を認めていた。しかしネットでは「今更言われても」「就職氷河期を作った立場の人間が言うことか」などの不満が出ている。 「今さら足りないと嘆いてもロスジェネの時間と経験を積む機会は戻ってこないんだよ」 via 「40代前半がいない」人手不足を嘆く旭化成社長の発言に就職氷河期世代の不満爆発「自分たちが採用しなかったくせに」「当たり前」

syuu0 就職氷河期を作った大企業の言う「40代の人材不足」には怒り心頭

 

就職氷河期の悪夢

いまの学生の就職難とは比べ物にならないほど就職が厳しかったと言われているのが現在の35-45歳くらいが就活をしていた時期。すなわち1993-2000年頃に起きたのが就職氷河期です。この頃には求人倍率は常に1を下回り続け、しかも5年以上続いたために「1年残って来年景気が良くなることに期待しよう」といった作戦も全く無意味な状態になっていました。

 

彼らはどうなったか? 今より遥かに新卒一括採用が強烈な時代だったので他のどこにも行くことが出来ず、フリーターや非正規雇用の道に突き進み、それはつまりスキルが身につかないということでもあり、そうして今に至るのです。結婚が出来ている割合も明らかに低く、時間的・金銭的な理由で落ち込んでいる世代であることは明確。

 

このような状況を作り出したのは一つには世界的な金融の問題もありますが、なにより企業が頑張ってこなかった。彼らを救済しなかった。非正規雇用として気軽に使って気軽に捨ててきた。そういう背景があった以上、こういう発言には本当に腹立たしいものがあります。お前らが育成を怠って失われた人材群なんだよと言いたい。

 

いまの40代は数十年後に未曾有の貧乏高齢者になる

当然ながらいまもスキルがなくその場その場でなんとか暮らしている40代の人たちが将来的にどうなるかというと、みんな社会保障のお世話になる可能性が極めて高いです。貯金や将来のための積立をするだけの金銭的余裕もありませんから当然のことですが、それが意味することは社会保障費の増大です。

 

健康に気を使っている可能性も低いとなると早々に体をダメにしてしまったり、保険にも入っていなかったり、生活保護を受給したりすることになりますが、彼らを支えることができるだけの税収をどのくらい確保出来るのかというと疑問視するのも当然のことです。

 

日本には40代に大きな大きな機会損失があります。彼らの世代をちゃんと初期に雇用するか、あるいは景気が上向いた時点でちゃんと正社員として採用し教育しなかったことが今になって裏目になっているのです。それは政府の働きかけが弱かったことと密接につながっていますから、国家の責任も当然重い。総活躍社会とか言うんだったらここから手を付けないとまずいですね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る