2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

金と時間を与えなさい:観光庁が若者の海外旅行離れを食い止めるための会議

なんとも下らない議論をしているな、という印象を拭うことができません。日本の経済全体が全然動いていない理由と全てリンクしているようにしか見えないからです。



 観光庁は、若者の海外旅行離れを食い止めるため、促進策を探る有識者検討会を設置して議論に着手した。海外での経験は視野を広げることにつながるほか、外国人観光客の受け入れ体制を整備する際役立つ。同庁は、若者が海外旅行をしやすくする取り組みの方向性を今年度末までにまとめ、2019年度予算概算要求に関連施策を盛り込む方針だ。  1996年の日本人の出国者数は1669万人で、うち20代は463万人。2016年は全体が1712万人とほぼ横ばいだが、20代は39%減の282万人だった。主な減少理由として、若者がショッピングセンターや温浴施設など近場で休日を過ごす傾向にあることや、スマートフォンのゲームなど室内での趣味が増えたことなどが考えられる。  有識者検討会では、若者が海外に行く動機付けなどをテーマに議論。課題を洗い出した上で、旅行の促進につながるような関連省庁の事業や旅行業界による取り組みを示す。外務省や文部科学省も議論に参加しており、両省の施策も検討する。  若者の旅行促進では、観光庁が13年2月から旅の素晴らしさをテーマとする出前授業「若旅授業」を実施。海外経験の豊富な有識者らを講師に招き、高校や大学などで昨年12月までに54回開催している。(2018/01/10-16:43) via JiJi.com 若者はもっと海外旅行を!=促進策を検討-観光庁

975ee64f6d9ace70ab8162846b081aaf 金と時間を与えなさい:観光庁が若者の海外旅行離れを食い止めるための会議

 

なぜ若者は海外に行かないのか

まるで難しい問題かのように言っていますが、海外旅行に行かない理由なんてシンプルなものでしょう。というか、あらゆる趣味やホビーに通じるところですが、要するに必要なのはお金と時間なのです。この2つを与えることが前提であって、それがなくては何をしたって物理的に出来ないのだから絶対に出来ません。非常にシンプルな話だと思います。

 

お金と時間がない状態で海外旅行は素晴らしいと宣伝された所で、思うところは一つでしょう。すなわち「どうせ行けない。行けない海外旅行のことなんか考えたくないし、むしろ日本の方が良い」と自己認識を修正することくらいです。日本にしかいられないから、日本が良いというのです。そうすれば自分の今の状態が悪くないように思えるのですからある意味で自然な考え方といえるでしょう。

 

人間は欲しいのに手に入らないモノについて、その価値を低く見積もるという修正があります。それを酸っぱいブドウと心理学では言ったりします。手の届かないブドウに対してはあれは酸っぱいから要らないと言い、手元で気軽に取れるレモンについては甘いと評価して自分が持っているものは素晴らしいものだとなんとか考えようとするのです。

 

アンケートに意味があるかは微妙

ですから、よくあるアンケートなどで「海外に関心がないから」などと答えてあっても必ずしもそれを信用していいとは全く限りません。なんといっても、その人達は海外に関心を持たないことによって自分の現状を受け入れようとしている可能性が多分にあるからです。お金や時間が無いというだけでなく、それによってそもそも関心を持たないようにしている人は少なくないのではないでしょうか。

 

そうやって考えてみると、そもそも世に出回っているアンケートというのも怪しいものですよね。定量的な調査と言ってそれを信用する人が多いと思いますが、アンケートなんか水物です。その人のその時の気分によっても回答が変わるようなものですから、それよりも構造的に物事を理解しようとすることのほうが大切でしょう。

 

そういえば、最近は日本礼賛のテレビ番組も随分見受けられますが、一体それを見ている日本人のどれだけが海外に行ったことがあるというのでしょうか。比較もせずに日本は素晴らしいという情報だけを入力すると人間の思考には絶対に偏りが生まれると思います。なんだか怖い話になりますが、みなさんはどう思われますか?





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ページ上部へ戻る